たてたみじゃなかんすか?

 夕方、鍋横で稽古。
 雨が降るという天気予報を信じ、99円ショップで傘を買っていく。

 照明の尾池さんくる。
 台本を渡す。

 昨日に続いて通し稽古。
 自分の出るシーンのアラが気になる。
 小返しをしたいが、その時間をいつ算段すればいいのだ?
 隙あらば自主稽古すれば何とかなるか?

 久保田、阪上、松本、荻原の演じるグループは、安定感が出てきた。
 見ていて楽しいのは、役の設定が自分に近いからだろうか?
 直美は最近、アップ時間に筋トレをよくしており、そのため以前に比べるとかなり立ち姿が決まるようになってきた。
 継続は力なりだなあと思う。

 稽古後、尾池さんとごくごく簡単な打ち合わせ。
 その後、豊田くんと途中まで一緒に帰る。
 滑舌の話をする。
 「オレも昔、滑舌悪くてさ」
 と言うと、豊田くんは、
 「ドカさたてたみじゃなかんすか?」
 と言った。
 「ドカさん、立て板に水じゃなかったんですか?」
 と言いたかったようだ。
 滑舌を良くする稽古の仕方を教えて、
 「でも、君の場合はその滑舌の悪さも魅力になっているから、滑舌を良くする稽古を続けて、普段は普通にしゃべれるのに、ここ一番で何言ってるかわからなくなるようにすると、それは武器になるよ」
 みたいなことを言う。
 自覚されない癖はまずいが、自覚された癖は武器になりうると思う。

 11時半帰宅。
 ドイツとアルゼンチンの試合を少し見る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。