実寸切り通し

 夕方、王子小劇場で稽古。
 5時半に幡ヶ谷を出て新中野まで自転車で向かい、そこから地下鉄を使う。
 1時間と少しかかる。

 劇場に着くと、片桐とノブ君、玉山さんらが、舞台装置の実寸通りにビニールテープを貼っていた。
 7時から、実寸をもとにした切り通し稽古をする。
 通しをするより実は時間がかかる。
 が、今日やらないといつ出来るかわからない不安さもあった。

 ぴりぴりした気分のまま稽古を10時まで続ける。
 今回の稽古はぴりぴりすることがいつもより多かった。
 稽古自体は楽しかった。
 が、それとこれとは違う。

 稽古後、鶴マミと話す。
 体調不良で土日の稽古が出来なかったため、彼女のシーンだけ稽古の追い込みができていない。
 そのことを伝えたからといって、時間がやりくりできるわけでもない。
 だから、言うことはすべて繰り言になるのだが、かといって言わずに済ませておくのも良くないと思った。
 鶴マミのために良くない、と言うのはきれい事なので、まず自分のためと思っておく。
 ラストシーンの気持ちについて説明をして別れる。

 12時過ぎ帰宅。
 音響編集の残りをやり、3時就寝。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。