1Q84ふたたび

朝、雑炊とクリームブラン。
昼は天下一品で定食。
夜はホットドックを作って食べる。
食事量は特に減らず。

『鎮魂歌』読了。
ラストは前作より酸鼻な印象。

今月Book3が発売になるので、復習のために『1Q84』Book1から読み返す。

「読まずにわかる1Q84」という記事が昨年どこかの週刊誌に載っていたらしいが、読まないならわかる必要ないだろう。
読んでも「わかった」と思えるかどうか。

村上春樹の作品は、読んでわかるといった類のものではないと思う。
村上春樹が物語の形で提示するものが、どうしようもなく不足している人がいる。
自分の中に足りないから、読むことで埋め合わせている。
世の中には、そういう人がとてもたくさんいる。
面白いとかどうかは関係ないのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました