ダメ出し

昼、すでに抑えていた稽古場に電話をし、事情を説明してキャンセルしてもらう。
お金は払ってあったので、それはそのまま。

夕方、東高円寺の稽古場へ。
蒸し暑い。
音響の宮崎さんが来たので、上岡君の声を録音する。
廃品回収業者が流す音声。
「ご家庭で不要になったもの、なんでも引き取ります」
というやつ。

上岡君の、人をバカにしたような声がおかしいので、引き取る品物に工夫を凝らす。
「ミシン、二層式洗濯機、オーブントースター、プレイステーション…」
などなど。
やり過ぎると、つまらなくなる。

昨日の通しのダメ出しをする。
稽古始めに、
「ダメ出しはあまりしませんが」
と出演者に言うのだけど、実はこっそりしている。
いわゆる、
「14ページの、立ちあがって振り向くところ、そこが遅い」
「セリフを受けてない」
「そこ、気持ち入ってない」
というスタイルをとらないだけである。

じゃあどういう方法でダメ出しをしているのかは、誰にも教えない。

だが通し稽古をする段階では、
「14ページの、立ちあがって振り向くところ、そこが遅い」
「セリフを受けてない」
「そこ、気持ち入ってない」
というダメ出しが必要になる。

ダメ出しをふまえて抜き稽古をする。

11時過ぎ帰宅。
パンフ原稿書き、チケット作業など。

コメント

タイトルとURLをコピーしました