画太郎先生を読むと脳が溶けそうになる

台本を書き、倦むと『巨船ベラス・レトラス』を読む。

夕方まで台本書き。
回想シーンらしきところまで。

夜、桃井で稽古。
新しく書いたシーンをやる。

しょうもない台詞で、笑い声が起きるが、まだ面白くはないなあと思う。
今回の公演は、稽古に独特の重さがある。
皆が、何らかの重さを少しずつ背負っているような気がする。

漫画太郎『つっぱり桃太郎』読む。
この人の本を読むといつも爆笑してしまう。
面白い面白くないではなく、

(やってるなあ)

という感じだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました