昼夜稽古で抜きをやる

朝、小道具の写真作りと印刷。
パンフレットの仮印刷。

12時前に自転車で稽古場に向かう。
途中、阿佐ヶ谷大勝軒で昼飯。
つけ麺ではなくラーメンの大盛りを食べる。

1時から和田で稽古。
昨日と同じく抜き稽古中心に行う。

トシさん、柳瀬君、知恵ちゃんのシーンを返している時、知恵ちゃんの芝居が成立しなくなる。
感情が高ぶり過ぎ、次の台詞が出てこなくなった。
途中で止め、話し合い、再検討する。

5時半食事休憩。
衣装の話を少し進めてから、稽古場の床で横になり目をつむる。
しばらく横になって深呼吸するだけでも、頭の疲れはかなり取れることを、去年の『掃除屋』稽古で実感した。

夜、後半部分の稽古。
舞監の田中さん来る。

9時50分稽古終了。
稽古場の外で田中さんから明後日の仕込みについての説明を受け解散。
東高円寺駅まで田中さんと歩きながら話す。
明日の積み込みについてなど。

飲みには加わらず、自転車で10時半帰宅。
パンフの修正をして印刷をする。

パンフには毎回駄文を書き散らしているのだが、今回はそれをやらないことにする。
芝居の内容以上に、伝えたいことがないためだ。
その代わり、芝居を見る助けになるあれこれを色々考える。
3時半就寝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました