稽古、前半を慎重に

10時起き。
朝飯に何を食べるか迷い、インスタント麺を食べる。
何でもいいから腹に入れておけ、だ。

11時過ぎに家を出る。
日暮里経由で松戸へ。
各駅に乗り換えて南柏へ。
そこからバスに揺られて稽古場へ。
思ったより時間がかかり、1時を少し過ぎて稽古場に到着。

昨日の通しで前半がぼろぼろだったので、小直しをしてもらう。
菊本さんは、芝居を途中で止めず、自由にやらせてくれた後で、気づいたことを丁寧に指摘してくれる。

(見られてる)

と、常に役者に思わせてくれるところが嬉しい。

今回の稽古は短いが、スリリングで楽しい。
どでかい建造物ではなく、精巧な工芸品を作っているみたいだ。
二人芝居は面白い。

3時から、スタッフさんの前で通しをする。
昨日よりも落ち着いてできた。

夕方、稽古終了。
舞台に使う道具を橋本さんの車に積み、さかしたさんに駅まで送ってもらう。
菊本さんと、舞監の木原君は、柏で快速乗り換えコース。
南柏で二人と別れ、各駅停車に乗った。

ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画『リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』を見に行こうか迷う。
新宿は昼、有楽町は夕方5時半、六本木は夜8時。
見に行けるとすれば六本木だが、上演時間が長いので、終わるのが夜中の12時近くになってしまう。
結局あきらめる。

夜7時帰宅。
鶏肉とエビを使い、クリームシチューを作って食べる。

Youtube で久しぶりに洋楽映像をハシゴする。
ポールさんの「Maybe I’m Amazed」が好きだ。
どうしてこういうメロディが書けるのだろうと不思議に思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました