たかがチオビタ

11時過ぎ劇場入り。
炊き出しの昼ご飯が出来ていた。
肉団子の中華丼。

楽屋に差し入れのチオビタドリンクがあった。
真希ちゃんへの差し入れ。
一本もらう。
「私、飲めないんですよ」
「どうして?」
「飲んだことがないんで」
「飲んでみれば」
「怖いんです。酔っぱらうんじゃないかって」
「ユンケルの一番高いのじゃあるまいし。たかがチオビタだぜ」

昼の回は、奈美さん三佳さん、権ちゃん見に来た。

奈美さん三佳さんは学生時代の友人。
芝居を見に来てもらったのは初めて。
「塚本君が女の子と喋ってるのを見るのが新鮮だったよ」
「なんで?」
「学生の時、そういうの見たことなかったから」
「ガンガン喋ってたさ。まるでラジオのDJみたいに。そして最後にはいつも、スイッチを消されるんだ」

権ちゃん、お腹に赤ちゃんがいるという。
結婚して初めての子供。
出産予定は初夏だそうだ。

昨日来てくれたこずえさんも、夏に子供が生まれるそうだ。
めでたいことが続く。

夕方までの空き時間、舞台の写真を撮る。
久未ちゃん、茨木くん、知恵、真希ちゃんに動いてもらい、変な写真を色々撮る。

夕方、炊き出しでつくね丼。

夜の回、松島君、圭三君、綾香、仲澤さん、トシさん来る。
理保さんも来ていたが、その回に来ていたと知らず、挨拶ができなかった。

昼と夜の2回、それぞれ小さいミスあり。
ラストの叫ぶところは、叫ぼうとするのではなく、助けを求めようとしてみた。
その方が妻がいなくなった孤独感が身に染みた。

9時半過ぎ、劇場を出る。
飲みに行こうか迷ったが、疲れが大分たまっていたので、帰ることにした。
大塚駅まで、るみちゃん真希ちゃんと一緒。

10時半帰宅。
風呂に入り、あんパンを食べ、早めに寝る。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました