稽古初日

7時半起き。
ソーセージと納豆で朝飯。

今日と明日に休みを取れば、今年のGWは9連休になるらしい。
休みボケになりやすい長さだと感じたので、いつも通り仕事へ。
電車は空いていた。
混んでいる時期に有休を取った方が得だ。

昼、王将でチャーハン。
餃子を頼まなかったら店員に勧められた。

夕方、中野のロッテリアで軽く食べてから、新井の稽古場へ。
6月に客演するトツゲキ倶楽部の初日稽古兼顔合わせに参加。
スーツ姿で現れたら、皆がぎょっとしていた。

公演の説明、自己紹介などあってから、読み合わせを数回やる。
以前使ったことのある稽古場だったが、なぜか息苦しさを感じた。
人数が多いせいだろう。

共演者のうち、仲澤さん、綾香、優都子ちゃんが知り合い。
あとは、お互い顔見知りの市森くんに、こちらが一方的に舞台を見ている役者さんと、逆にあちらがこちらを見ている役者さん。
過去何回も出ている役者さん達が、座組みの雰囲気の基本を作っている感じだった。

9時過ぎに稽古場を退出し、中野駅近くの「村さ来」で顔合わせの飲み会。
綾香と仲澤さんの間に座る。
優都子ちゃんは、顔見知り同士で固まるのを気遣い、一つはさんで座っていた。

芝居をやめると言っていた知人の話を聞く。
今年の暮れに復活公演をするらしい。
最初は「やめる」と言っていて、それが「休業」になったのは知っていたが、やめると言ったり休業と言い直したりするのは迷いがある証拠だろう。
迷う自分も含めて周囲に許容されようとしたり、また周囲もなんとなくそれを認めるような空気があると思う。
話しながら感情が高ぶってしまった。

12時近くまで飲む。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました