熱量と噛みの相関関係

9時から仕事。
昼、夕方の劇場入りがぎりぎりの時刻になってしまうので、多めに飯を食っておこうと思い、「鳥どり」で唐揚げ御前食べる。
ご飯お代わり自由。唐揚げ食べ放題。

メンテナンスを終え、5時に早退。
5時半劇場入り。
楽屋に入ると、鏡前に飾り付けがされていた。
誕生日のお祝いだった。
横森さん、優都子ちゃん、白石さんからプレゼントをもらう。

中野さんが鏡前の片付けを手伝ってくれた。
時間がないのでとても助かった。

声が出なかった。
袖の暗がりに座り、呼吸を落ち着かせることのみに時間を費やす。

幕が開く。
前半、台詞を言う時に込める熱の量が、昨日までと比べて低くなっていた。
類型的な役を仕事で演じているような感覚があった。
後半、少しずつ気持ちを落ち着かせる。
ヒーロー談義のシーン、別れさせ屋で演説をぶつシーン、それぞれ台詞は普通に言えたが、昨日までとは何かが違ってしまった。

終演後、お客さんの送り出し。
小田さん、愛子さん来る。
「いい役もらったじゃない」
と言われる。

谷中さんに挨拶。
仕事を変え、交通費節約のため、遠回りして通っているとのこと、

送り出しを終え、片付けとバラシ作業。
千秋楽が夜公演ありで、その日のうちにバラすというスケジュールは久しぶりだ。
マグネシウムリボンではもはや考えられない。

10時半に搬出作業を完了する。

会場に行く途中、白石さんと優都子ちゃんにプレゼントのお礼を言う。
白石さんはシーサー柄の手ぬぐい。
優都子ちゃんは持つところがスーパーマンみたいな人形になっているスプーンをくれた。

11時頃から打ち上げ。
横森さんと永野さんにプレゼントのお礼を言う。

学生時代の後輩大場くんのことを、優都子ちゃんが知っていた。
「仕事、同じなんですよ」
とのこと。
縁は、どこでどうつながるかわからない。

北さんと話す。
舞台を降りれば、本職の整体師さんで、本番中一度やってもらった。
北さん、去年の『六月の魔女』を見てくれていた。

朝まで飲みながら話す。
もう1ステージやり直したかったが、そういう念を供養するのも、打ち上げの役割だなと思いつつ、杯を重ねる。

一度も眠ることなく打ち上げ完遂。
7時帰宅。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました