また生き延びたな

午前中、久しぶりに最近あまり見ていなかったDBの修正作業。
仕事に変化があり、DBの使用状況は、元からあるものよりも昨年作ったものの方が高くなっている。
入力フォームのレイアウトなど修正する。
見た目だけの問題ではなく、Accessにおける入力フォームは、業務そのものに一番近いところにある。
入力項目の配置を考えることは、業務フローを考えることと同じになる。
作る側は、フォーム改修をしながら業務の性質を勉強できるのだ。

仕事後、秋葉原へ。
実家PC用のDVDドライブを買う。
ジャンク品を1000円で購入。
ラジオ会館がなくなっていた。
建て替えるらしい。
オタクの殿堂ビルみたいになるのだろうか。

ラジオデパート、ラジオセンター、ラジオ会館と、秋葉原には三大ラジオビルがずっと昔からあった。
ラジオセンターは総武線ガード直下にあり、パーツ問屋の趣がある。
ラジオデパートはラジオセンターから中央通りの信号を渡って、線路の北側に面したビルで、同じくパーツ問屋でも、よりジャンク屋の匂いがする。
ラジオ会館は、オーディオや無線、パソコンショップなどの小売店が集まったビルだったが、2000年代に入った頃から、オタク系の店がテナントの主流となった。
一番秋葉原らしいビルは、ラジオ会館だろう。
最も食えるビジネスに合わせて、ビルのテナントが変わっていく。
2000年代中頃は、パソコンパーツショップなんかよりも、同人誌や美少女ゲームを扱った方が確実に食えたから、秋葉原はそういう町に変貌した。
ラジオ会館もそういうビルになった。
初めてパソコンを買ったのは1984年の春。
コモドール64。
ラジオ会館の店で買った。
初めてCDプレーヤーを買ったのもラジオ会館の店。
5万円のカセットデッキを買ったのもラジオ会館の店。
オーディオやパソコン関係など、数万円の買い物をする時に、ラジオ会館を利用することが多かった。
どういうビルに建て変わるかわからないが、テナント次第でどうとでも変貌できるビルであって欲しいと思う。

HDMIケーブル、LANケーブル、USBマウスとキーボードなど、細々としたものを買って実家へ。

回鍋肉と鰹の刺身という、魚肉連合おかずを食べてから、PC修理に取りかかる。
メモリを外して、512MBのものを取り付ける。
電源を入れてみると、断続的なブザー音が鳴り響いた。
やっぱり無理か。
あきらめて256MBのものに差し替え直す。
古いCD-RWを取り外し、買ってきたジャンクのDVD-RWに付け替える。
まさかこのパソコンにDVDドライブをつけるとは思っても見なかった。
仮止めして電源を入れると無事起動した。

USBキーボードとマウスは、新しいものにしてもやはり動かなかった。
ウィンドウズの再インストールを決行する。
たぶん、通算8回目くらいになる。
新しいDVDドライブは快調で、古いCD-RWで頻発した読み込みエラーがないので、インストールはさくさく進んだ。
クリーンインストールが終わり、分けてあったパーティションのデータを読み込めることを確認して、作業終了。
「また生き延びたなお前」
電源を落とした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました