ザワークラウト失敗

昼過ぎに起き、二日酔いを自覚する。
夕方まで何も食べずにおこうと決意し、洗濯をしたり、部屋の片付けをしたりする。
いい天気だった。

空腹感が2度通り過ぎ、5時過ぎに家を出る。
本を読みたかったのだが、家よりも外の方が集中できそうだった。
荻窪のVELOCEに入り、コーヒーを飲みつつ読書。

町田康『くっすん大黒』読了。
初・町田康。
いしいしんじとの対談本で、かつて町田さんが住んでいた成増を歩きながら話す下りがあったが、この本に出てくるアパートは成増かもしれないと思った。
金がないのになんとく暮らすさまが面白い。

8時前帰宅。

水曜日にザワークラウトを仕込んだ。
4日経ち、漬かり具合を確かめるため、ホットドッグを作ってみた。

結果は失敗だった。
キャベツを千切りにし、塩でもみ、重しを置いて漬けるだけという簡単なレシピなのだが、キャベツを空気にさらさず漬け汁に浸しておくというルールを守れなかった。
キャベツから出てくる水分が重要らしい。
それから、常温ではなくはじめから冷蔵庫に入れてしまったのも良くなかった。
常温で漬け込むものなのだそうだ。
もっとも、今の季節に常温では温度が高すぎるような気もするが、色々調べたところ、3日常温で漬け込んでから冷蔵庫に入れるという方法もあった。

失敗したザワークラウトは、ただのキャベツの塩漬けの味がした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました