「鉄道員(ぽっぽや)」久々に観た

6時20分起き。バタートーストとハム、コーヒーで朝飯。ブログ更新する。
公演が近づく度に更新が遅れ、終わると頻繁になる。
本来は逆であるべきだ。
ブログにたわ言を書くエネルギーが、台本書きや稽古に向かってしまうから更新が遅れるのだ。
つまり台本に書いているのはたわ言で、稽古はたわ言を形にするための…

って、何を言わせる。

9時から仕事。
KDくんと酒についての雑談。
彼は家飲みが好きだそうだ。
俺もそう。
休みの日、家に何人か集まって、昼間から酒を飲むような会が好きだ。
そりゃ正月だ。

午前中何度か寝落ちしそうになる。
寝不足でも寝足りないわけでもない。
酒を断っているからだと思う。
好転反応のひとつか。

昼、「荒海」でつけ麺。
麺を特盛りにしてゆっくり食べる。
休憩室で仮眠。
昼飯のあと急に眠くなるのは、血糖値が急に上がるからだという。
急に上がるとインスリンが分泌され、血糖値を一定に保とうとする。
つまり血糖値が急に下がる。
そして眠くなるというわけらしい。

午後、眠気と格闘する。
いくら寝ても寝足りない類いの眠気だ。

6時まで仕事。
7時前帰宅。
久我山から甲州街道まで走る。往復10キロ。

10キロ以上走るかどうか迷った。
だが本番は明後日で、残り時間は48時間を切っていた。
それ以上走っても走力アップは見込めるわけじゃない。
なので、あくまで調整という意味で10キロにした。

9時帰宅。
ピザソースを塗ったチーズトーストを食べる。

「鉄道員(ぽっぽや)」観る。
懐かしい。
小林稔侍の健さん愛が画面からはみ出す映画。
広末涼子が鍋物の支度をし、中身を健さんによそってあげる。
椀を包み、胸がいっぱいになる健さんの演技。
素晴らしい。
画面から、感情が放射されてくる。
こういう演技は普通、芸術といい、不器用とはいわないのだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました