故郷まで徒歩5分

7時50分起き。
朝飯の前にテレビ。
「マッサン」見る。
毎日は見られないなあと思った。
そのままつけていると、高倉健の「プロフェッショナル」再放送をしていた。
見てから朝飯。

ピーター・バラカン「ラジオのこちら側で」読了。
9月に終了したラジオ「バラカン・モーニング」は、昼休みにカレーを食べている時に聴いたことがある。
夜はバーで、昼はカレーを出すお店で、マスターが音楽をやっている人だった。
朝の番組を録音して昼に流していることは、放送中の時報でわかった。
番組中に流れる音楽とバラカン氏のトークが極めて心地よかった。
そんなバラカンさん、もとはシンコー・ミュージック社員として来日したそうだ。

11時前に外出。
「ヴィレッジ・バンガード」西葛西店を覗き、駅をぶらぶらしてから、昔住んでいたあたりへ。
実家から歩いて5分の距離にあるのに、なかなか来ることがない。
子供の頃に遊んだグラウンドや公園は、大分変わっていた。

中学校の前を通り、図書館で少し本を見て帰宅。
昼飯にチャーハン食べる。

午後、居間の隣の部屋で、安楽椅子に座って読書をするが、テレビの音が大きくて集中出来なかった。
聞こえてくる音声は、映画「冬の華」だった。
池上季実子の芝居がまだ拙い。
中国人が出てきたと思ったら、案の定小沢昭一だった。

5時過ぎ、実家を出る。
EyeFiカードが欲しくなり、ビックカメラに寄って行こうか迷ったが、新宿は遠回りになるのでやめた。
米、鶏むね肉、柿を買って帰宅。

タッパーに入れておいた野菜の煮物と、照り焼きチキンで夕食。

『君よ憤怒の河を渉れ』途中まで見る。
健さんにとって過渡期の作品。
原田芳雄さんの低音が素晴らしい。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました