別れの季節

7時50分起き。
目覚ましをかけて無意識にスヌーズしていたようだ。

8時40分に仕事へ。
コロッケサンドを食べる。

朝礼でチームのスピーチが回ってきた。
今年度最後のスピーチが自分だった。
Windows95から20周年という話をしたが、一昨日このブログで書いたネタだった。

午前中、のんびり仕事。
新しい仕事は来ないので、改修改修改修。

隣席I氏とプロ野球話。
中日は3連敗で、どうも今年もよくなさそう。

戦力は、正直あまり気にしていない。
優勝したり、出来なかったりしてから振り返る時に、
「あの時誰それが故障したのがローテーション的に痛かった」
「誰それが3番定着したのが大きかった」
だの語ればいい。

だから今のところ気になるのは、チームが醸し出すオーラのようなもの。
「勝ち運」の雰囲気。
広島からビシビシ感じるのは、黒田復帰だけのせいじゃないだろう。
今年こそ優勝しないと、と思う。
応援している。
広島応援するなんて、人生初だ。

去年、野村謙二郎監督の時に思ったのは、選手が野村監督と同じ表情をすると、妙にかっこいいということだ。
野村さんがその顔をしても、大正時代の文豪にしか見えんのに。

昼、「西湖春」で定食。
外は暑かった。
夏日だと言われても疑わないほどだった。

午後、kくんと共に、同僚Tさんに誕生日プレゼント渡す。
作戦成功みたいな感じになった。

本日付で辞める人が多かったので、ご挨拶のためにお菓子を持って歩く人が沢山いた。
「逆・ハロウィンみたいだ」
隣席Sさんからうなぎパイ、ベテランIさんからあられ、委託の三人組から最中、Kさんからチョコレートもらう。

最中は、組み立て式だった。

CameraZOOM-20150331160540607

Iさんは6年半いたとのこと。
オレとほぼ同じだ。
長い人が辞めていくと、新しい人の方が多くなる。

既視感があった。
4年前の年度末もこうだった。
ただあの時は、それどころじゃなかった。
4月になってとにかく仕事をしなきゃということで、ばたばたするうちにいつの間にか新しい体制になじんでいた。

6時過ぎに仕事を上がる。
翼くん、今日が誕生日だった。
見舞いに、桜の写真をプリントして、フレームと一緒に持って行った。

エレベーターで上がり、部屋の前でうろうろしていると、食事のワゴンを押したおばちゃんが、
「どちらさまの見舞いです?」
と聞いてきた。
「柳瀬翼くんです」
そう言うと、おばちゃんは考え込み始めた。
「別の病棟じゃないかしら…」
「でも日曜日、ここきましたよ」
すると後ろのトイレから声がした。
「オレオレ、オレっす」
翼くんだった。
歯磨きを終えたばかりらしい。

病室の翼君ベッドでしばし話す。
食事が出来るようになったこと。
検査で時間とられるのがイラッとしたことなど聞く。
「眼科で検査したんですけど、外来と同じ扱いなんですよ。すげえ混んでて。本もスマホも持ってなかったんで」

「食事はどう?」
「一日1800キロカロリーですよ」
「それ、けっこうもらってるじゃん」
翼くんは、スマホで写真を見せてくれた。
「これが、トンカツっすね。ご飯と、サラダと、ごま和えみたいなのと」

知恵ちゃんが来た。
「お誕生日おめでとうございます」
プレゼントに花を買ってきた。
宇宙キャンパスの芳賀君も来た。
「ロビー移動しますか」
翼くんが言った。

ロビーで、8時近くまで色々話をする
透析はまだしてないこと。
血圧はまだ高く、上が170くらいあること。
心臓は、入院時に比べてまともになっていること。

「先生に、あなた結構腰に肉ついてるわねって言われて、オレ太ってたんですって言ったんですよ」
そう言って、お腹を見せてくれた。
利尿剤で体重減少し、むくみも取れ、体重は70キロを切ったという。
でも、元々ついていたお腹の肉はそのままだった。
ちょっと、ほっとした。

面会時間ぎりぎりまで話す。
「点滴とれて、どこ行ってもいいんですよ。下の売店も行けるし。これ、外出られるんじゃねえかって」
暇つぶしにも限度があるようだ。
色んな人と喋ったり、何か生産的なことが出来ればいいんだが。

9時前帰宅。
豆腐、キノコソース食べる。

台本、ごくわずかだけ書く。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。