忘年会

朝、夢を見つつ、半分起きていた。
脈絡もなく、面白くもなく、何かを示唆してもいない夢をだらだらと見続け、起き上がって時計を見たら11時半を過ぎていた。
昨日はいつ寝たのだろう。
パソコンをつけ、ネットの閲覧履歴を調べたら、最終アクセス時刻は1時前だった。
その後電源を消して寝たようだ。
10時間以上寝たことになる。

まあいいさ。今日は土曜日だ。
休日をどう過ごそうとオレの勝手だ。

腹は空いていなかったが、何か飲みたいと思ったので、珈琲を入れた。
春くらいにTully’sコーヒーの懸賞でドリップインが当たった。
缶についているQRコードにアクセスするやつ。
まさか当たるとは思わなかった。

そいつでコーヒーを入れた。
フィルターが、普段使っているものと違う。
漏斗状に先がとんがっている。
そういうフィルターはどこに行けば買えるのか?

コーヒーを飲み、昼すぎに出かける。
図書館へ行き、本を2冊借りる。
阿佐ヶ谷へ。
自転車の空気を入れ、TSUTAYAでDVDを借りる。
映画が観たいのだが、はずみをつけるために、過去見たことがあるけど最近見ていない好きな映画を借りることにした。

「パルプ・フィクション」
「ブルース・ブラザーズ」
「ビッグ・リボウスキ」

あと、見てみたいと思った映画。

「グリース」

それから1本だけ邦画。

「紙の月」

集客力と演技力が備わった希有な女優さんとなった宮沢りえ主演。
宮沢りえ主演で企画を通せば企業はお金を出してくれて、監督は好きな作品が撮れるという構造がある。

区役所に寄り、マイナンバーの通知を受け取る。

3時過ぎ帰宅。

『「時間ですよ」を作った男』読む。
TBSの演出家だった久世光彦の作品を解説した本。
100ページほど読む。

6時に家を出る。
丸の内線で荻窪へ。
西友でアンテナコードと、掃除用のスプレー。
文具店で来年分の手帳リフィルを買う。

7時に「肉番長」にて忘年会。
新宿、池袋、渋谷など、都心はおそらく混み混みで、条件が悪かろうと思った。
荻窪は稽古で散々使ったので、面倒ではあるが、面白いお店だったのでそこにした。

7時丁度に到着。
集まったのはマグの「贅沢な肉」と「レッツ・解脱トゥギャザー」に出たメンバー。
4人テーブル4つを借り、席予約のみでゆっくりと飲み始めた。

りほさんの向いに座る。
年末年始は仕事をしないという。
「以前はやってたの?」
「元旦から働いてましたよ」
「オレは、元旦に働いたのは、郵便局のアルバイトをした時だけだったよ」
キクが言う。
「僕もやってましたよ。途中で家に帰ってメシ食ったり」
「地元?」
「ええ」
「オレは日本橋郵便局でさ、年末になると町から人がいなくなっちゃうんだ」
「へえー、気持ちいいでしょう」
「いやー、寂しかったね。17才だったし。家でテレビ見たいなあって思いながら働いてた」

遅れて知恵ちゃん到着。
「年末年始は仕事?」
「仕事です」
きっぱりと答えた。
「11月は忙しかったの?」
「忙しかったですよ。その割に売上が伸びなくて」

知恵ちゃん、最近週2日ペースで1キロ走るようにしたという。
「距離じゃなくて、時間を決めた方がいいよ」
「どのくらいですか」
「30分」
「無理です」
「しかしなぜ走ろうと思ったの?」
「足の筋肉つけたくて」
「1キロじゃつかないよ。ジム言って筋トレした方がいいかも」
「昔ティップネス入ってましたけど、お金もったいなくて」
「お金かけてるから行かないと、ってふうにはならないの」
「なりませんでしたね」

「肉番長」は、変わった種類の肉を売っている。
馬、鹿、猪、兎、鰐。
ジビエ料理居酒屋にしては、飲み物も他のつまみも値段が安く、かなり穴場のお店だと思う。

「パルプ・フィクション」を見たことがあるか聞いてみたが、三人とも見ていなかった。
後ろに座っていたナベさん、市森君に聞くと、
「見ました」
の返事。
公開時、何歳だったかが、重要なポイントになるかもしれない。

兎の肉が回ってきた。
食べてみる。
淡泊で、鶏のささみのような味だった。

席をナベさんとチェンジする。
市森君に「ジャッキー・ブラウン」を見たか聞いてみた。
見てないとのこと。
「パルプ・フィクション」にあったダサかっこよさが、あの映画には感じられなかった。
話は面白かったのだが、前作ほど話題にはならなかったと思う。

「熱海殺人事件」のチケットがオークションで高値をつけている話をする。
玉ちゃんが、
「チケットキャップでもダメですか?」
とその場で調べ始めた。
3万円をつけた回があった。
思わず、
「買って」
とアイーダにねだる。

鰐の肉が回ってきた。
食べてみる。
淡泊で、鶏のささみのような味だった。

肉の味の基本は、鶏のささみなのかもしれない。
そこに、脂肪分や、それぞれの動物がエサにしている食物の風味が加わるのかもしれない。

岳志と席を替わる。
上岡くんと菊には、知恵ちゃんから忘年会の連絡が伝わっていた。
キクが言う。
「上岡菊田の外道コンビって書かれてた」
知恵ちゃんが答える。
「塚本さんのメールを転送しただけです」
上岡君が言う。
「外道はキクだけですって返事した」

「上岡は、翼さんに、ダニブタって言いましたからね。そしたら翼さんも調子に乗って、ダニみたいな動きをするんですよ」
キクが言った。

上岡くん、鶴マミと、ロンドンオリンピック開会式の話をする。
007の演出が格好良かった件など。
東京オリンピックはどうなるのだろう。

遅れて亜企ちゃん、笑里、千陽さん来る。
時間がなく、ほとんど話せなかった。

デザートのアイスはボリュームたっぷりだった。
気がつくと12時近くなっていた。
5時間近くで4000円だった。

会計をして店を出る。
丸の内線で、知恵ちゃん、市森くんと一緒。

12時過ぎ帰宅。
「ビッグ・リボウスキ」を少しだけ見て、2時過ぎに寝る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。