中へ中へ

目覚ましをかけずに寝て、11時20分に起きた。
玄米粥、きんぴらごぼう、納豆、大根おろしで朝飯。

3時半まで、ブログ書き、台本読み、勉強その他。

4時、Studiotwlへ。
マグ不足公演の下見。
次回は、過去作品を短くして3本立てをやりたいと思っている。
「虻一万匹」「ギョーザ大作戦」「粗忽重ね」「ファミリーアフェア」「アシュラシュシュ」
このあたりかなと思っている。
「圧力の卯月」「俺のつむじ風」「暮れなずめ街」「断末魔の轟木氏」は、形を変えて再演してる。
「光陰」「第二ゾーンへ」「ドッペルゲンガーの森」は、マグ不足でやるにはちょっと重い。

舞台にこたつを置いて、過去作品のビデオを、客入れの間中オレが見ている。
そこへ、孫たちがやってきて、オレに昔話をせがむ。
オレはその場で衣装に着替え、そこから本編が始まる。
そんな構成を考えた。

6時20分から稽古。
気を発する場面から。
中に、たぎるものはあっても、力任せにならないようにする。
同時に、合間に考えているのは、その役を駆り立てる源になっている思いだ。
理屈じゃなくて、強い思い。
目の前にその人物がいて、感情がかき乱された人生のいち場面を、生々しく想像する。
中へ中へ。

9時半過ぎまで引き締まった稽古。
最初にやった場面を最後にやって終了。

共演者の有賀くんと途中まで一緒。
家は川崎で、夜はダーツバーで仕事だという。
稽古後の仕事は大変だねと話して別れる。

自転車をとめていたので新中野で降り、青梅街道をゆっくり走って帰宅。

風呂に入る。
あまり長湯にならないように気をつける。

『富士に立つ影』読む。

コメント

タイトルとURLをコピーしました