ブタ袋

7時半に起きた。
休日に自然とその時間に目覚めたということは、体が夏仕様に変化したのだろう、と、勝手に思いこむ。

お粥と納豆で朝飯。

DVDデッキがある。
アナログ時台のものなので録画はできないが、見ることはできる。
だが、テレビに接続されていない。
ケーブルを買うか、それとも新しいデッキを買うかで迷う。
テレビは32インチなので、DVDだと画質が荒くなる。
しかし、持っているソフトはDVDばかりだ。
どうするか?

Amazonで値段を調べた。
ハードディスクのついたブルーレイレコーダーは、3万から4万くらいで買えそうだ。

だが、オレが録画する番組は、「5時に夢中!」くらいだ。
ゴジムを、HD画質で録画する意味はあるのか?

夕方、荻窪へ。

「ラーメン二郎」の荻窪店が、1月にリニューアルオープンした。
ずっとシャッターがしまっていたので、てっきりつぶれたと思っていた。
店長が変わったとのことだった。

で、久しぶりに行ってみた。
荻窪店ではなく、二郎自体久しぶりだった。

小ブタを頼んだ。
厨房に綺麗なおねえさんがいて、トッピングを聞いていた。
ニンニク、ヤサイを追加した。

麺は柔らかめだった。
「麺固めで」
と注文する客がいたわけがわかった。

記憶にある二郎よりも、油っこかった。
普通の小ラーメンにすれば良かった。

客層は、二郎に通い慣れた感じの人ばかりで、
「松戸の二郎は」
などと、他店の味を解説する輩もいた。

食べ終わり、お腹を押さえて店を出ると、横断歩道の向かいにいる中学生くらいの女の子と目が合った。
その子は、何の表情も浮かべず、無遠慮とすら感じられる視線でオレを見ていた。
人間を見る目ではなかった。
胃袋いっぱい豚肉を詰め込んだブタ袋を見るような目だった。
オレは目をそらした。

夜中の12時になってもまったく腹が減らなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました