江戸川放水路でぼんやり

6時起き。
環八までジョギング。
住宅地を抜けて走ると、善福寺川によって方向感覚が大いに狂わされる。
蛇行する川を、串焼きのように貫いて走る必要がある。
環八の「もみじ」という居酒屋で折り返した。
一度行ってみたい店だ。

朝飯を食い、12時前に家を出る。
実家に向かう。
妙典で降り、江戸川でハゼを釣ろうかと思っていたのだが、時間が遅かったので断念したつもりだった。
ところが東西線に乗ったらそれが快速電車で、浦安まで運ばれてしまった。
こうなったのも運命と思い、妙典まで行ってみることにした。

駅から東に向かい土手に着いた。
バーへキュー用の緑地に上がってしまった。
いったん降りて迂回する。
今度は川岸に降りることが出来た。
午後1時半を過ぎていた。
釣り船の店はいくつかあった。
閑散としていた。
ボートを貸しているのは午後3時までなので、店じまいが近かったのかもしれない。

川沿いの道を上流に歩く。
行徳の堰で川岸に出て、護岸に座ってビールを飲んだ。

CameraZOOM-20160811142053141

釣りをしている家族がいた。
ハゼを釣っていたが、アタリはまったく来ないようだった。
午後2時過ぎに何か釣れることは少ない。
かといって、家族連れで明け方や日没時を狙って釣りに来るのは難しいだろう。

1時間くらいボーッとしてから再び土手を上がった。
妙典まで、来た時とは別の道を歩いた。
古い家があった。
駅ができたのは最近だが、町自体は古いのだ。

4時過ぎ、実家へ。
両親は妹の家族と寿司を食べに行くところだった。
「あんたも行かない?」
と母に言われたが、南砂町までまた電車移動するのも億劫だったし、釣りについて調べたいことがあったので断った。

両親が5時頃出かけてから、ネットでシーバス釣りのことを調べた。
6年前にひとり芝居をやろうと思い立った時に、夜の荒川でシーバス釣りをしたことがあった。
取材のつもりだったが、大きいのが一度かかったりして楽しかった。
あの時は、夜は全然かからず、明るくなってきた時にガクンと竿がしなった。
浮くタイプのルアーをつかったので、魚が活性化した頃合いにかかったということなのだろう。

潮見表を見ると、夜9時頃が満潮で、朝5時近くが干潮のタイミングだった。
疲れていたので今夜9時は辞めようと思った。
ただ、明朝の日が昇るタイミングで干潮だと、浅くなりすぎでまったく釣れないかもしれなかった。

竿とリールを買いに、南葛西の上州屋へ。
本格的なものを買うつもりはなかったので、セットの安物を4000円で買った。
ルアーはフローティングとバイブレーションを買った。

家に帰りシャワーを浴び、部屋で釣りのサイトを色々見た。
眠かった。
目覚ましを3時半にセットして、12時に寝た。

タイトルとURLをコピーしました