釣り徒然

週に1個ペースで新しいルアーを買うと、月に大体8000円前後かかるが、そういう買い方をしていった方が、不必要なルアーを衝動買いすることは減るのではないかと思えてきた。
で、今週からそうしようと思い、ルアーを検索した。

マリブ、を買おうと思った。このルアー、2018年の秋に一度買っていたが、その年の11月14日に中川でロストした。使った期間は短い。買った理由は、釣れるルアーだという記事をネットで読んだから。

当時はそんなものだったし、最近までずっとそうだった。だが、使い方を知らず闇雲に投げてはロストする、その繰り返しだった。

マリブは、Amazonの検索結果に出てこなかった。今年、どこかの釣り具店で売っているのを見かけた覚えはあるのだが、その時はスルーしていた。

代わりに、キャロットを買った。上の層を引くシンペン。バチ抜け用になりそう。

先月の後半は、なんとかシーバスを釣りたいと思い、頑張って釣り場に通ったのだが、結局釣れなかった。今月に入り水温が低下し、ますます釣りにくくなった。

Youtubeでは、12月、厳冬期、シーバス釣り、などの語句で検索し、どうすれば冬にシーバスが釣れるのかを調べている。実釣動画もあり、そういうのを見ると簡単に釣れそうな気がしてくるのだが、さすがに一年以上通っていれば、そううまくはいかないことくらい分かってくる。シーバスがスレるのと同様に、オレもスレてきた。

仕事、改修はペースが落ち着いてきた。表示速度が遅いことが重さの原因であることはわかった。少しずつ直している。

夜は、18日のために練習。一番長く練習しているインベンションが、一番、時間がかかっているが、先週くりかえし練習をこってりとやった効果があったためか、ミスなしに通してできる頻度が上がった。

Youtubeを見ながら新規セーターを編む。これも来週22日までに編み終えないといけないため、今週が追い込みである。

SLAM DUNK の映画が公開され、それ関係のニュースが目につくようになった。そういえば、何年か前、年末に『巡礼』と称し、全巻を読み返すということをしていたなあと思い出し、少しだけ読み返した。

海南の牧が好きなのだが、今回の映画では当然活躍指定なさそうなのが残念。映画の内容はまったく知らないのだが、山王戦ならそうなるだろう。

あと、井上雄彦は、女の子を可愛く描くことにあまり興味がないんじゃないかと思った。というより、男をかっこよく描くことに使うエネルギーが大きいということなのかもしれない。桂正和と正反対。

タイトルとURLをコピーしました