中野坂上で飲む

仕事しながら、コードの話になる。
できる人のコードをどんどん読みたいのだが、最近読む機会が少ない。
以前いた人が作ったツールを直す機会があり、その時にみたコードは大変きれいで良くできていた。
「カッコイイと思いましたよ」
そう言うと、Uさんとカマタさんは笑った。
「でもわかる、そういうの」
カマタさんは、Cのプログラムがきれいに書けた時の気持ちよさについて語った。
引き継ぎは辛い作業ではあるが、勉強し直しの時間でもある。
他人の目に触れることで磨かれていくのは、文章や芝居と同じだ。

昼、昨日のカレーを弁当にしたやつを食べた。
休憩室に電子レンジがあるからできる芸当だ。

夜、中野坂上で荻野くん、宇原くんと会い、「平田屋」で飲む。
先日、PVの撮影で役者紹介を手伝ったので、お礼に奢ってもらった。

宇原くん、最近お金が余るようになってきたという。
「使っている時間ないんですよ」
芝居をしていた時は昼飯代が300円だった。
今は1000円食べても毎月余る。
「こんなの初めてですよ」
隣の荻野くんが黙って頷いていた。
荻野くんが今の仕事に就いたのはもう15年昔のことだ。
マグで舞監を頼んだ最後の公演で、稽古場にスーツで来たのにびっくりした覚えがある。
その時の稽古場は中野弥生町にある。
今、仕事に行く時には、すぐそばを通っている。
去年のマグ公演の感想を聞きながら、
「荻野くん、また手伝ってよ」
と、とりあえず言う。
ほんとにそうなったら面白い。

10時に解散。

帰宅し、11時半に寝る。

タイトルとURLをコピーしました