まだその時ではない

夜中の2時にいったん起きた。また寝て、6時に起きた。

朝飯にご飯味噌汁なすぬか漬けの一汁一菜食を食べ、昨日買ってきたきゅうりとなすをぬか床に漬けた。容器は規格サイズの直方体なのだが、長辺がもう少し長い方が使いやすいと思った。今のサイズだと、きゅうりがまっすぐ入らないことが多く、斜めに入れることになってしまう。
ぬか自体は夏を乗り越え、順調に生きているので、容器を入れ替えようかと思っている。
が、そうやって漬けやすくしたところで、食べる時はいっぺんに一つなのだ。きゅうりとなすを両方とも食べることはできない。塩分が高すぎる。
だから、なすを一袋買って来たら、半日に分けて一つずつ漬けて、シフトを把握しないといけない。
色々漬けてみたが、きゅうりとなすが美味しい。かぶもいずれ試したいが、まだその時ではない。
「まだその時ではない」って、本来、三国志で「アニキ、やっちまおうぜ!」と息巻く張飛をたしなめる関羽とか、ジャコバン派の恐怖政治で混乱の極みにあるフランス本国に帰国したがる兵士たちをたしなめるエジプト在住のナポレオンさんが使う台詞だが、このオレはぬか漬けに対して使ってしまった。

新しく買ったダイヤルキーをサドル下につけてみたが、前のものよりアタッチメントの作りが安っぽかった。失敗。

午前中、クエリを作成し、情報が新しくなったら更新する仕組みを考える。

昼、パークハイアットの本屋へ。「ロッキング・オン・ジャパン」はあったが、完全包装されていて立ち読みできなかった。買っても良かったんだが。

「ままや」でランチ。カレー丼食べる。

午後、更新の仕組みを作る。やることは単純なのだが、例外が多いので面倒くさい。急ぎの仕事ではないので、なんだか、研究所にこもって実験を繰り返しているような気分になる。「AKIRA」の博士みたいに。

夕方、実家へ。夕食にピーマンの肉詰め食べる。

明日、午前中に胃カメラを飲んでから、治療について話す予定なので、父に意思確認をした。考えていた通りでいこうと言われる。

自宅で焼いたインストールDVDで、再度Linuxのインストールを試してみたが、同じエラーが出て先に進まなかった。オフラインにするとうまくいくという情報もあったのでそれもやってみたがダメだった。

9時、走りに行く。松江コース。涼しくなり、汗をほとんどかかなかった。

冷凍庫にリンゴが入っていた。母が間違えて入れたらしい。外に出した。

1時過ぎ就寝。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました