トマトの世話とシーバス釣り

7時過ぎ起き。

トマトの水補給をし、下葉かきをする。
下葉かきなど、初夏から真夏にかけてやるものだと思っていたが、現在洗濯物が干せないほど葉が茂っている。しかし一日のうちにいくらかでも葉に日が当たる時間があるのは今月までで、来月になるとほぼ一日中トマト棚のあたりは日影になる。こうなるといくら成長の早い水耕栽培でも実を大きくすることはできないだろう。
それでも9月中に実をつけ始めたトマトはまあまあのサイズにまで育ってきた。最後に収穫したのは8月だったが、その時のトマトは雨に濡れることが多かったため実割れを起こし、どれもこれも見た目がよくなかった。今回のトマトは美しく育ち、有終の美を飾って欲しいと、身勝手なことを思う。

下葉かきをしている途中、園芸ばさみで左手の指を少し切ってしまった。絆創膏を貼り、ほら身勝手なことを考えたからトマトが怒っている、と思い、キリもよかったので作業を終了した。

11時間でラメールで練習。次はどこへ行くかなかなか自分で決められずにいる。尊重されているのは有り難いが、けっこう迷いがある。

11時半すぎに家を出る。西葛西へ。

12時半実家着。昼飯にホットドッグを作って食べた。

3時前、自転車で旧江戸川へ。河口の送電線やや下流でシーバス釣りをする。その近くの柵があるところではエサ釣りをしている人が数名いた。ルアーマンは百メートル間隔くらいにいた。夜になるともっと増えるかもしれない。

水面にベイトの気配は感じず。今日は火曜に買ったダイソールアーの具合を調べるために来たようなものなので、淡々とルアーを投げた。
安物鉄板バイブと、ダイソールアーを根掛かりでロストした。すべて、PEラインとリーダーの結節部分で切れてしまったので、都度FGノットで結び直した。

日没まで同じポイントで続けたがアタリなし。

5時半頃、日が暮れてから納竿した。

夜、ご飯、秋刀魚、青椒肉絲、イカと里芋の煮物食べる。

明日の早朝、どこで釣るかを考えながら、情報をネットで検索する。旧江戸川はお祭りのようにバカバカ釣れているわけではないようだ。渋いことは渋いらしい。他に行くとすれば荒川か中川で、実家から一番行きやすいのは中川なのだが、なぜか気が進まない。本心でいうと旧江戸川で釣りたい。一度も大きなシーバスを釣っていないからだ。でも、今のままではいつまで経っても釣れないだろうなあと思う。

11時就寝。

タイトルとURLをコピーしました