稽古最終日

 昨日は高井戸ファイナル稽古で、今日は稽古そのものがファイナル。
 小金井のはずれにて稽古。
 行く途中バス停で、丸ちゃん、しのちゃん、オギノ式に会う。昨日は三人でしのちゃんちに泊まったらしい。
 バスに揺られながら、何となく俺の父親の話をする。
 丸ちゃんが感慨深げに言った。
 「そういう話聞くと、塚本さんも人の子なんだなって思いますよ」
 「人の子じゃなかったらなんだ? メカの子か?」

 昼間は、色々なシーンの付け足し稽古をした。驚くべきことに今日出来たシーンもある。
 どのシーンかはここには書くまい。

 夕方、ダイナマイト写真ガイでおなじみのダイナマイト写真ガイ浅香真吾が、何と差入れに豚汁を鍋ごと持ってきた。俺は二杯食った。
 それから音響オペの下窪君(くぼっち)。
 衣装の森さん。(ミニ森ち)
 宣美の細田君も「お疲れ様でス」と、語尾をカタカナにして最後の稽古を見に来てくれた。

 最後の稽古場にて最後の通しをする。
 やはり人に見られると興奮するのは役者の性か、いつもよりもテンションは高かった。
 昼にベタ代のシーンをなおしたのだが、すごく面白くなっており、驚いた。

 通し後、明日のしこみの打ち合わせをする。やってないところがかなりあるので、どれを先にやっていいのかわからなくなる。
 頭が三つ欲しい。

 あわただしく稽古場を爆破し、証拠隠滅の後一同は解散。一人だけ目撃者がいたが、もちろんハードボイルドに消えてもらった。
 うちに帰ってから音響の編集作業。ラストの音を何にするのか決めかねており、念のため全てMDに落とす。

 その他にも電話で受け付け人員の確保などをしたり、もろもろの作業をしていたら、あっという間に日が暮れてしまった。もとい、日が昇ってしまった。
 ヤバイので寝る。5時。

タイトルとURLをコピーしました