疲れきる

 7時半に起きた。
 割とすがすがしく目覚めることが出来た。

 劇場入りしてから音響作業のとどめをさす。
 その後、マイク録音のセッティングなどをしているうちに時間はどんどん過ぎ、いつの間にか場当たりの時間となっていた。

 「場当たり」と簡単に書いてはみたが、3本分の場当たりとなると一難去ってまた一難みたいな作業になる。
 こういう状態を日本語でこう言う。
 「大変だ」

 「虻一万匹」と「ハコブネ」の場当たりに4時間ほどかかってしまった。
 しかし、「ロミオとジュリエットみたいな」は昨日きっかけ抜きをやっていたので割とすんなり出来た。
 5時過ぎに全て終了。
 折良くスチール撮影のダイナマイト浅香が到着。
 ゲネプロを6時から始めることにする。

 まずは「ロミオとジュリエットみたいな」のゲネ。
 緊張感からテンポが上がっており、全体的にすっきりと見ることが出来た。
 次に「ハコブネ」のゲネ。
 これも、場当たりの時点ではどうなることかと思ったが、思った以上に見やすかったのでほっとした。

 問題なのは「虻一万匹」だ。
 何しろ、役者として出演する俺に、役者的な心の準備が全く出来ていないのだ。
 プレッシャーのために冒頭のシーンで汗まみれになり、さらに暗転から転換でミスを犯し、思い切り鼻をぶつけてしまった。
 さらに、ラストシーン前の小道具転換で、腕時計を外せないという失敗を犯した。
 こういうことはずばり、役者テンションの大幅な低下を意味している。
 要するに「体が温まっていない」のだ。役者的な意味で。

 阿部さんが「ハコブネ」後、風邪のために早退した。
 宇原君もかなり気分が悪そうだった。
 山ちゃんも鼻声で、藤井さんものどがかすれている。
 そして、役者皆が疲れ切っている。
 10時20分過ぎにゲネは終了。
 問題点は色々あったが、とにかく役者的に疲れがたまっているので、細かい指摘等は明日に回すことにする。
 明日の入り時間を設定して解散。

 帰りの南北線にて、望月、マミちゃん、宇原君、久保田君、中山君、それぞれ皆が疲れ切っていた。
 こんな風に疲れる公演はとても久しぶりだ。

 さて、明日は本番だ。
 賽は投げられた。
 六出ろ、六。

タイトルとURLをコピーしました