道を指し示すだけ

 10時起き。
 外は雨。
 トーストとミックスベジタブルを食べる。

 1時にうちを出て中野MOMOへ。
 劇場入り口で昨年秋の芝居でご一緒した猪口さん、それからドラマスタジオ時代から旧知の林さんと会う。
 Flowers Bon Bon『夜の森』観劇。

 演劇療法をしている精神病院が舞台で、演目が『星の王子様』
 芝居が始まって30分くらいは、ドタバタ風のシーンがいくつか続くが、ドタバタに徹しきれない空気が漂っていたのは、舞台設定のためだろうか。
 中盤からそうしたシーンは少なくなり、患者が抱えた問題が明らかになっていく。
 演劇療法が万能の解決法であるとは示されず、問題を解決してくれるスーパーマンも現れない。
 答えを解説するのではなく、答えのある方向を指し示す。
 しかもその方向は、決して凪いでいるわけではない。

 衣装を着た患者達が『星の王子様』を演じるシーンは、無機質な病室に色とりどりの花が突如咲いたようだった。
 そこから照明が変わり、何もない空間になる。
 病室は、これまで以上に寒々しく、まるで病室以外のどこかみたいだった。
 飛行士と星の王子様の別れが、自立というキーワードをほのめかし、再び色とりどりの花が咲いて幕となる。
 そのきれいさが心に残った。

 チケットの予約をしたのだけど、なぜかキャンセル待ちと同じ扱いになっていた。
 たぶん、予約をした時点で売り切れ寸前だったのだろう。
 そのため、劇場上のギャラリーで見ることとなり、2時間15分の上演時間が尾てい骨に堪えた。

 終演後、南中野へ急いで行き、稽古をする。
 雨なのでジョギングは出来ず、久保田君にタップの簡単なステップを教えてもらい、それを20分やる。
 股関節が痛くなった。

 7時から稽古。
 玉山さんが稽古初参加。
 学校をこよなく愛する校長先生をやってもらう。
 用もないのにうろちょろする感じを出したいので、子供達の掃除シーンでひたすら邪魔者になったり、教師の秘密話を立ち聞きしたりなど、台詞数は少ないが案外出番は多い。

 久保田君は教師を演じる。
 授業のシーンを作ったが、もちろん本当にそんな授業をする教師がいるわけではない。
 が、教える内容がすべて荒唐無稽だと、
 (そんな奴ぁいねえよ)
 となってしまうから、半分はリアリティを出したいところ。
 台本を書くにあたっては、捨てずに取っておいた教育実習の資料を参考にした。
 実習に行ったのは10年以上前だ。
 その頃教えた子供達は、今回出演する前田綾香と同い年だ。

 直美嬢は、意地悪小学生を演じる。
 好きな男の子の前では態度を変える役。
 彼女のマグ出演は3回目なので、前回、前々回とはまた違ったことをやってもらいたい。
 今のところ、好きな男の子の前での演技が使えそう。
 意地悪な部分を、地の喋りとは違ったふうに見せられればもっといい。

 稽古後、中野まで瞑想しながら歩く。

 11時過ぎ帰宅。
 リンゴとヨーグルトを食べる。
 喉が渇いており、缶の一気に飲み干しそうになったが、途中でプーアル茶に変え、先に乾きをいやした。
 危ないところだった。そのまま一気に飲んでいたら、いつもの常で酔い狂っていたかもしれない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。