走る音

 木、金、土、日と走り、昨日は休み、今日はまた走った。
 芝居の稽古をしている時よりも走る時間があるということだな。
 稽古中はなんとかやりくりしてもアップ時間が1時間しかないから、走るとしてもせいぜい4キロちょっとが関の山だ。
 本当はアップ時間が2時間は欲しいところだ。特に稽古初期は。
 次回公演の稽古は、期間を長くしないとやっていけないだろう。

 実家のいつものコースを走る。
 音楽を聴きながら走ることにまだそれほど慣れていないため、曲によってはテンションがあがりまくり、結果的にペースが乱れてしまう。
 今日などははじめの2キロで息が切れていたのだが、小橋建太の入場曲が流れた瞬間アドレナリンが体内を駆けめぐり、ペースがぐんぐん上がった。

 ジョギング中、浴衣姿の女子をあちこちで見かけた。
 荒川の花火大会を見た帰りだろう。

 花火を妹の家で見るために、両親は家をあけていた。
 9時半頃両親帰宅。
 親父は案の定酔ってふらふら。
 母親はハワイの老人が着るような服を着ていた。
 ジョギングに行ったのはその後。

 左足の魚の目が、かつてないほどに痛んでいる。
 軽石で削るのは、フットケア的には良くないと言うことを、今日知る。
 そういうことは20年前に知っておきたかった。

 魚の目が痛い。
 ネットオークションでお灸を探す。
 値段の相場は知れたが、入札はまだせず。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。