『罪と罰』再読の印象

 『罪と罰』読む。

 高校2年生の冬に背伸びして読んだのが最初だ。
 郵便局のバイトをしていた年末、休憩時間に読んでいた記憶がある。
 上下巻読み終えるのにひと月以上かかった。

 大学生になってから2回ほど読み直した。
 今回の再読は十数年ぶりである。

 高校生の頭で読むのと、大学生の頭で読むのとでは、理解力は違う。
 そして、三十代になった今読むのとでは、さらに大きく違う。
 知識ではなく、人生で得た色々な経験が、作品を読むにあたって大きな助けとなっているのだろう。

 ラスコーリニコフの憂鬱が、高校生の頃はまったく理解できなかった。
 大学生になってなんとなく、
 (こうしたものかな?)
 というあたりはついたけれども、感情移入できるまでには至らなかった。
 ところがどうだろう。
 今回の再読では、ラスコーリニコフの心理がなぜかよくわかる。
 身につまされるといってもいい。

 ラスコーリニコフの友人ラズミーヒンも、今回の再読で印象ががらりと変わった。
 善人ではあるけど、一歩間違えると<空気の読めない奴>となる。
 この役を誰がやったら面白いかなどと思いながら読んでいくと、台詞がいちいち笑えた。

 ブログのテンプレート変更は相変わらずうまくいかない。
 調べれば調べるほどわからなくなっていく。
 再インストールするしかないだろうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。