炊飯器で蒸し鶏

昨日と同じく6時起き。
メールチェックとPC環境の整備をし、二度寝。
11時に起き、アジの干物を焼いて食べる。

昼過ぎ、西荻散歩。
外は暖かく、上着がいらなかった。
古本屋をのぞいたり、カフェの場所をチェックしたりして、1時間と少し歩く。
駅前でメロンパンを買う。

夜、炊飯器を使って蒸し鶏を作る。
ネットで<蒸し鶏>を検索していたら、炊飯器を使うととても柔らかく仕上がるという記事を見つけたのだ。
お湯を沸騰させ食塩を入れ、炊飯器に鶏モモ肉と一緒に入れ、保温ボタンを押して一時間待つだけらしい。
塩の割合は書いていなかったので、悩んだあげく4%弱にする。
600ミリリットルの水に小さじ5杯弱といった塩梅。
海水くらいの割合だろうか。
ネギの青いところと、ショウガと、ローリエも一緒に入れる。
1時間たつと、確かに鶏肉は柔らかく仕上がっていた。
これならムネ肉でもおいしいかもしれない。

のこったスープをなめてみると、塩辛かった。
3つに小分けして2つは冷凍庫行き。
1つはあんかけ用に使った。

肉そのものの味はちょうど良かった。
しかしあんに使ったスープは塩辛かった。
あんを作るときには水でのばし、味を調整した方が良いだろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。