まつり

11時半起き。
昨夜寝たのは4時半近かったが、夜更かししても10時前に起きるのが最近は普通だったので、めずらしいなとひとりごちる。

家にあるすべての食材を駆使して昼飯。
ご飯、みそ汁、大根餅、オムレツ、納豆、キムチ。

季節は手の平を返し、28度前後だった気温を真夏の35度前後に上げてきた。
一昨日の涼しさは一時の気の迷いといわんばかりだ。

カーテンをしめて直射日光を防ぎ、冷房を入れて午後を過ごした。

『勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪』読み進む。
ことさらマッチョぶろうとしている気がしないでもない。

夕方、買い物に行く。
いつも行っている商店街複合型のスーパーで、威勢のいい魚屋の親父が秋刀魚を奨めていた。
キノコ類を買って帰る。変なキノコではない。

日没間際、近所の神社の祭へ行く。
途中、いつも稽古場に使っている建物の入口喫煙スペースで、仲澤さんと宇宙キャンパスのこばちゃんに会う。
休憩中らしかった。

夜店の食い物で夕食をとる。
大阪焼き、唐揚げ、焼きそばを食べた。
夜店でものを売る若い女の子はみんな金髪だった。

帰り道、稽古場を通り掛かると、こばちゃんがいた。
「休憩なの?」
「ずっと休憩です」
殺陣かダンスの稽古をしていたのかもしれない。

焼きそばの量が夜店にしては珍しく多く、胃が苦しかったので、家に帰って床に伸びる。
小1時間ほどそうしてから、パソコンのデータ復旧を試す。

昼から延々と時間をかけていたスキャンが終わり、復旧したいデータをサーチすることに成功した。
体験版だったので復旧はできなかったが、生きていることが確認できただけでも嬉しい。
チリの落盤事故と同じだ。

9時、ジョギング。
西荻から五日市街道に出て、新高円寺まで走り、青梅街道を戻るコース。
10Kちょっとあった。
往復ではないコースを走るのは珍しい。

帰宅後、シャワーを浴び、秋味を飲む。
データ復旧をフリーソフトでできないものか、性懲りもなく試す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました