うたう知人の会Vol.2

昨日は昼にすた丼を食べ、夜は食べなかった。
今朝10時に起きたが、20時間以上何も食べていないため、腹が猛烈に空いていた。
夕方は「うたう知人の会」を見に行く予定があったので、昼に沢山食べておいた方が良い。
そこで、また、幸せの黄色い定食を食べることにした。
今度は、ラーメンをダブル。
つまり、二人前。

大汗をかきながら完食。
これで明日の昼まで何も食わなくて大丈夫だ。

衿沢世衣子『ちづかマップ』届く。
以前講談社から出ていたが、同じマンガを小学館の雑誌で再度連載したらしく、2冊目なのに1巻であった。
登場人物に変わりはない。
ちづかの祖父・善七さんがいい。
一話一話に、丹念な取材のあとがうかがわれ、使い捨てストーリーという感じがまったくしない。
恋愛要素がないところもいい。
あったら、かえってテーマがぼける。
でも、逆に、ファンとしては恋愛だけをテーマにした作品も読んでみたい。
どんな表現をしてくれるんだろうか。

夕方、大久保のURGAで「うたう知人の会」
今年の初めにやった、演劇人によるライブイベントの2回目。
前回はステージ前に椅子が置いてあったが、今回は端に除けられていた。
登場するグループも4組から6組に増えた。
親族代表の竹井さんが、サンソン狂うセダーズにドラムスで参加。
お子さんが生まれたとステージで報告。
拍手が起こった。
味わい堂々とイチキ游子さんのユニット「パトロン喫茶」が可笑しかった。
声優アイドルユニットコントみたいなステージ。
中島みゆきの『時代』を熱唱していたが、選曲に必然性はなく、歌いたいから歌っている感じが丸出しなのが良かった。
トリのプレイメイツ、MCで「コピーバンドです」と謙遜していたが、ドラムスがとても好きな感じで良かった。

スピーカーの前にずっと立っていたので、ライブが終わると右耳が痛くなっていた。

11時半帰宅。

コメント

タイトルとURLをコピーしました