80円ビール居酒屋

眠剤を飲んで寝たのだが、導入の効き目が切れた頃に目が覚めてしまった。
朝の4時。
いつもより3時間半早い目覚め。

そのまま起きていようか迷ったが、頑張って寝ることにした。
7時半、いつもの時間に起きる。
途中の目覚めが、それまでの睡眠をなかったことにしたようで、頭がぼーっとして、寝足りない感じだった。

朝飯を食べずに仕事。
10時におやつを食べる。
どら焼き。

随分前に書いた日記に、こういうのがあった。
モノに使われる

コンパクトデジカメを買ったばかりの頃だ。
PENTAXのOptio S4i。
ワイシャツのポケットに入るコンデジ。
3年くらい使った。

夕方、仕事明けに水道橋にて、チーム内のちょっとした飲み会に参加する。
チームといっても、部内に5つばかりチームがあり、自分はどこに属しているのか判然としていない。
恐る恐るという感じでk君とともに格安居酒屋へ行くと、誰も来ていなかった。

生ビールが期間限定80円という破格の値段。
しかし店のロケーションは、忍者の隠れ里のごとしで、外装もそこが居酒屋であることを世間にひた隠しにしているかのように地味だった。

4月に加わった、またもKさんとしか書きようのないKさんと話す。
自分より5歳ほど年長で、好きなアイドルは松田聖子だったとのこと。
「聖子ちゃんは、曲に恵まれてましたッスよね」
と、日本語はおかしかったが、後輩感をさりげなく言葉尻の「ッス」に漂わせながらトークをする。
後輩でいる、という心地良さを満喫。

その後、同僚のIさんの、辛い話を聞く。
さまざまな要因が重なり、追い込まれたように思っているようだった。
色々な疑問が氷解した思いもあったので、自分が現在考えていることを話す。
表面上味方が多いように見えても、実はそうでない人のことを、周りは案外わかっているものだ。

11時過ぎまでいたのに、ビール80円の威力はすさまじく、会計は一人3000円ほどだった。

12時帰宅。
3割引の菓子パンを食べ、3時前後に寝る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました