リアル雷

夢に知り合いが出てきて、
「はいこれ。うじごはんだよ」
とくれた。
たわら状のおにぎりで、あずきがまぶしてある。
うじは、宇治の意味だろうか。
まさか、蛆ではないだろうと思っていると、知り合いはそれを冷蔵庫にしまった。
その人のことだから、きっと土地の名産か何かだろう。
だとすれば、宇治ではなく蛆だとしても、蜂の子のような珍味なんだろう。
ぼんやりと思っているうちに目が覚めた。

筋のある夢だったのは、クーラーをつけて寝たせいかもしれない。
暑いと、脈絡のない夢を見る。

昼、日差しがそれほど強くなかったので走りに行く。
暑いのは当たり前。
Tシャツが絞れるほどの汗をかいた。
10キロほど走って帰宅。
水のシャワーを浴び、アイスを買いに行く。
返った途端、雷が鳴り始めた。

数ブロック隣に雷が落ちた。
鉄骨が落下したような音が鳴った。
近いので光と音のタイミングはずれていなかった。
走っている途中でこんな雷雲に見舞われたら、どこかの建物の中に避難するしかないだろう。

1時間ほどして雷雲はどこかへ行ってしまった。
夏の太陽が復活した。

夕方、池袋へ。
知恵ちゃんと待ち合わせ、「たつ家」で色々話す。
雷が鳴っている時、下北で真希ちゃんの芝居を見ていたそうだ。
真希ちゃんの芝居は自分も見たのだけど、知恵さんはホラーとして受け止めたらしい。
音響で雷が鳴ると、それだけで想像して、怖くなってしまうそうだ。
音響じゃなく外で鳴っているリアル雷ではなかったのだろうか。

次回公演の話つながりで、名探偵コナンのことを聞く。
「トリックよりも人間関係が面白かった」
のだそうだ。
そりゃそうだなあ、と思った。
他に、劇場名を確かめて素直な気持ちで芝居を見に行くことで、知らない町を歩くときめきを感じることについて、強烈な話など聞く。

11時すぎ帰宅。

コメント

タイトルとURLをコピーしました