通しが少ない

朝、なか卯でカツカレー食べる。
ここ数日、カレーが食べたくて仕方ない。

昼、居酒屋のランチで、サバ塩定食。
なかなか美味しかった。

夕方、西荻で稽古。
尾池さん来る。

通しをする。今回が2度目。
アイーダ(藍田)は、稽古初期のように緊張することはほとんどなくなったが、それでも彼のセリフの番になると、共演者が身構えることがある。
今日は、その前のセリフを誰かが食ってしまったのが原因か、それとも別の原因かわからないが、はけるところで彼がはけていなかった。
見ていて、
(なんでアイーダいるんだ?)
と思ったが、そのまま続けた。

後半からラスト、感情的なものを、さばききれないで流している印象。

稽古後、尾池さんと打ち合わせ兼飲み。
回想シーンをどうするかが、話し合いの焦点となる。
LEDの特性など聞く。
尾池さん、通しを見て気になったところを言ってくれる。
意見と役者評が結びついた感じになっていた。

0時帰宅。

コメント

タイトルとURLをコピーしました