たくさん自主練する

昼の2時前に稽古場へ。
翼君が昼のみとのことだったのだが、少し遅れていた。
筋トレをして翼くん待ち。
寝坊かと心配したが、無事翼くんも到着。

クシダさんと片山さんと翼君が揃った。
片山さんは来る予定ではなかったのだが、
「そりゃ来ますよ!」
と言ってくれた。
ありがとうと言うのは妙なのだけど、この芝居を大切にしているのだなと感じた。

桃ちゃんからは、
「とりあえず、自由に自主練して合わせてください」
と言われたので、それならばと、セリフ覚えの悪い場面のセリフを勝手に翼くんやクシダさんに投げかけた。
そんな調子で延々と自主練を続けたが、セリフは入ってきたし、相手役との意見交換も出来たので、夕方までの自主練は有意義な時間となった。

夜は別チームの稽古で、翼くんも上がるとのことだったので、自分も放免。
翼くんと一緒に駅まで歩く。
今日はバイトではなく、劇団の会議があるのだという。
来年、こばちゃんがいったん主宰を抜け、その間の活動をどうするのかなど、議題が色々あるらしい。

主宰を抜けることが何を意味するのかはわからないけど、どの劇団も色々な問題を抱え、それについて悩んでいる。
悩んでない劇団と関わったことは一度もない。
悩んでない劇団はすぐになくなるからだ。

夕方6時過ぎ帰宅。
牛肉ともやしを炒めて食べる。
さつまいもを圧力鍋でふかして食べる。

稽古をしている時は大丈夫だったが、部屋に戻ると気分が下降していった。
セリフはもう少しで全部入りそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました