寸止め

6時半に起きて台本を書くつもりだったが寝過ごした。
9時から仕事。

昼、「荒海」でラーメン食べる。
「風雲児」から100メートルほど離れている。
行列ができない分、この店の方が好きだ。
「風雲児」の行列は、どうして生まれているのかよくわからない。
行列が行列を生んでいるのか。
過去2回入ったが、その時は行列がなかった。
行列ができる店は、できない状態さえ宣伝になる。
「空いている、ラッキーだ」
そう思って入る人間が、再び行列を作る。

7時帰宅。
大根おろしに鰹節を乗せ、炊きたてのご飯にかけ、茶漬けのようにして食べる。
こうして汁ごと食べると、好みの辛さになる。

朝4時まで台本書き。
62ページに到達した。
ラストシーン手前。
もう一息粘れば書けたが、少し日を置いて丁寧に仕上げた方が良いと思った。
おそらく残りは1ページ半前後だろう。
今回の台本書き期間中初めての徹夜だった。
徹夜は少ない方がいい。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました