健康に悪い

部屋の片付けをして気分が良くなったせいか、寝覚めが早かった。
朝食に「なか卯」の親子丼を食べ、8時から仕事。

体の方は疲れがたまっていたと思しく、仕事が終わるまで眠気と格闘していた。

昼、久しぶりに代々木の「ポパイ」へ。

夜、稽古へ。
後半の大人数場面をやる。
自分も出ているのだけど、今日は前から見て、動きや配置に注意した。
少しずつ組み上げていく。
ラストが近づくうちに交通渋滞を引き起こすが、その場で解決案が浮かばなかった。
そのまま時間切れ。

これまでの稽古を振り返ると、良い稽古と悪い稽古が交互にやってきたように思う。
流れを滞らせる石を取り除くことができた日は、良い稽古をしたと思う。
新しい石を発見して次回に持ち越しとなった日は、悪い稽古をしたと思う。
良い悪いは完全に主観で、演劇を作る時は、悪い稽古こそ良い稽古なのだが。
カッコ付きで、(健康に)悪い稽古、と言い換えればいいのだろう。
今日は健康に悪い稽古だった。どっと疲れて、頭がフラフラだった。
つまり、良い稽古だったということになる。

脳みそをめいっぱい使った虚脱感をパートナーにして、10時半帰宅。

コメント

タイトルとURLをコピーしました