舌も筋肉

7時起き。
喉が痛かった。
体が冷えていた。
腹が減っていた。

劇場入りする前に千駄ヶ谷ホープ軒へ。
がつんとしたものを食べて気合いを入れる。

11時劇場入り。
夏に買ったサンダルを履いていたのだが、靴底がとても硬く、足の裏が痛くなった。
おまけに靴擦れまでしてしまった。
ホープ軒に寄ったのに体も暖まらなかった。

2時開演。
台詞を言う時に口が回らなかった。
必要以上に舌に力を入れなければならず、カクカクした演技になってしまった。
知恵ちゃんとなべさんの掛け合いも、同じ台詞を繰り返し、ループ状態になりかけていた。
全体的に噛み噛みの回。

平木くん、北さん、なおみさん来る。

亜企ちゃんが平木くんと話していた。
「背、伸びたんじゃない?」
確かに178センチくらいありそうだ。
「上京した時は、170センチちょいだったんですけどねえ」
二十代中盤から後半にかけて、成長期並に身長が伸びる男は珍しい。

ソワレまでの空き時間に、台本を最初から声に出して読み返す。
舌に、口蓋との距離感を覚えさせるようなもの。

優子ちゃんのお客さんが、マックのハンバーガーを大量に差し入れてくれた。
二つもらい、電子レンジで温めるが、パンがぱさぱさになってしまった。
チンする前にミネラルウォーターですこし湿らせれば良かったが、後の祭り。

7時にソワレ開演。
マチネよりも落ち着き、全体がよく見えた。
芝居も、マチネより安定していた。
ビデオ撮影をしたのは昼の回だったが。

芝居をする前に、ストレッチや発声をしてコンディションを整える。
だが、整えるのではなく、コンディションを判別するためのアップは、どういうやり方があるだろうか。
念入りに柔軟や発声をやっても、本番になると動きが固く、台詞は噛み噛みということがある。
喉をやられることもある。
逆に、何もしなくても調子が良いということもある。

舌も筋肉なので、筋トレを怠るとその報いを受ける。

上演時間は2時間3分から4分に落ち着いてきた。

清水、榊原、飯川、内田、シゲ来る。
シゲは出張先から新幹線での帰り道に寄ってくれた。

清水たちが飲んでいる店に合流。
内田くんが芝居を見に来てくれたのは初めて。
ふと思い出した。
大学1年生の時、12月の本公演稽古で授業に全然出られず、たまに顔を出すと、
「久しぶりだな」
とみんなに言われた。
その時に内田くんが、
「チケットちょうだい。見に行くからさ」
と言ったのだった。
なぜ、その時にチケットを渡せなかったのかは覚えていないが、結局彼は来られなかった。
その時以来の宿願を今日果たせたということになる。
どちらかといえばこっちの宿願だが。

どの役者が良かったなどの話を聞き、12前に店を出る。
また近いうちに飲みましょうと約束。

1時帰宅。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました