「創作の極意と掟」読む

5時過ぎに目を覚まし、早すぎたので眠る。
次に6時過ぎに起き、また眠る。
7時に起きる。

キムチ、納豆、ごはんですよで朝飯。
「ごはんですよ」は、芝居が終わってから急に食べたくなった。

仕事へ。
STさんに仕事を教える。
そうしないと、やることが何もないらしかった。

昼、「パトワール」でチキンカレー。
パキスタン料理の店。

仕事後、久しぶりにコナミへ。
ひと月半ぶり。
クロストレーナー20分、筋トレを覚えていたウエイトより軽めにやり、クロールでごく軽く泳ぐ。

9時前帰宅。
朝とほぼ同じおかずで夕食。

筒井康隆『創作の極意と掟』読了。
小説作法といっていいのか、そのたぐいの作品は過去に『着想の技術』というエッセイが出ている。
本書はより具体的かつ実践的に書かれている。
実践的といっても、もちろんハウツーものではなく、心構えや考え方をカテゴリ別にわかりやすく丁寧に書いている。
「諧謔」の賞で、筒井さんが幼少期に親しんだ「西遊記」の文が沢山引用されている。
大変面白く、当時の少年が夢中になるのがわかった。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました