感情のフィルター解除

7時起き。
すんなり起きたのだが、調子が悪かったので二度寝し、8時に起きた。

雨だった。
地下鉄で仕事へ。
歩きながら、二日酔いを自覚した。
珍しい。

9時から仕事。
1時まで黙々と。

昼、財布を見たら28円しか入ってなかった。
だが今日は久々の二日酔いだったし、食事に金を使うこともないと思い、そのままにしておいた。

『2009年6月13日からの三沢光晴』読了。
三沢が亡くなった日、会場にいた関係者のインタビューを元に構成されたドキュメンタリー。
読み終わった時、あの時よりも悲しんでいる自分がいた。
フィルターが解除されたのだろう。

オレがニュースを知ったのは、仕事をしている時だった。
休憩中、知り合いがmixiに、
「三沢さん…」
と書き込みをした。
誰のことかその時はわからなかった。
少しして携帯サイトの見出しを見た。
なぜかそれほど驚かなかった。
というより、非常スイッチが入って、感情にフィルターがかかったのだと思う。

社長と呼ばれるのが似合うレスラーだったなあ。

三沢光晴「いいよ!」

午後、食べてなくても眠かった。なぜだ。

定時に上がる。
6時過ぎ帰宅。
いり子だしの味噌汁を飲む。

「SWITCH」の、金田一秀穂と厚切りジェイソンの対談を見る。
たいへんおもしろかった。

1時過ぎ、遅い時間に風呂に入る。
暖かくして、さあ寝るぞと思って布団に潜り込んだのだが、なかなか寝付けなかった。
二日酔いと同じく、これも珍しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました