前略おふくろ様

11時に起きる。
二日酔いの頭痛がした。

外は大雨だった。

ウエルシアへ買い物に行く。
豆腐、豆板醤、麻婆豆腐の素など買う。

昼、麻婆豆腐食べる。
だし汁と豆板醤を使ったら、結構美味しく出来た。

雨、というより風で、家に閉じ込められた形で午後を過ごした。

大岡昇平『武蔵野夫人』読む。
昭和20年代の「はけの道」が舞台。
「はけの道」とは、武蔵小金井から国分寺にかけた、崖下の道のことだ。
十年ほど前までオレは、はけの道の崖上に住んでいたので、作品の時代背景は違っても、むやみに懐かしい。

夕方までに雨はやんだ。

1975年のテレビドラマ「前略おふくろ様」をYoutubeで観た。
第1話から、すぐに目が離せなくなった。
シナリオも役者も、良すぎる。
この時代、ドラマはロケより、スタジオ撮影が圧倒的に多かった。
セットと書き割りを上手く使って、深川の町を表現している。
ナンシー関の言葉を借りれば、
「こりゃ、テレビに釘付けだわ」

見終わってから、以前、柳瀬Kくんから、全話分を録画したDVDをもらったことを思い出した。
最初からそれを見れば良かったが、思い出すためにYoutubeを見たのなら、巡り合わせだ。
これで将来、セントヘレナ島に流された時に、持っていくDVDが増えた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。