初PENTATONIX

9時に家を出る。
外は小雨だったが蒸し暑く、駅に着いた時には汗だくになっていた。
丸の内線で東京へ。
京葉線に向かう途中、サマソニ目的の人を何人か見かけた。

サマソニの開場時間と開演時間、そしてPENTATONIXの開演時間を、電車の中で知った。
どの時間も勘違いしていた。
開演が9時で、PENTATONIXは2番目の登場でたぶん10時過ぎ頃だろう。
そんなふうに思っていた。
実際は開場が9時、開演が11時、PENTATONIXは夕方6時過ぎだった。

新木場で武蔵野線に乗り換え、葛西臨海公園で降りる。
強い雨が降っていた。
この駅は南口のみ開かれていて、北に出るには迂回しないといけない。
舞台にたとえると、臨海公園が客席で、駅が舞台のセット、駅の北側はバックステージという感じだ。
江戸川区民は臨海公園にやってくる客に対して、舞台の裏方さんというわけなのだ。
気に入らねえな。

環七沿いの道を北に歩く。
新左近川、七葛西小のそばを通り、11時前に実家へ。

汗だくになっていたのでシャワーを浴び、昼飯を食べに近所の中華料理店に行く。
「宝亭」という店で、西葛西駅ができる前から営業している地域密着型の店だ。
実家から100メートルくらいしか離れていないのに、この20年一度も行ったことがなかった。

店は古くても小ぎれいで、昭和の雰囲気が色濃く残る内装だった。
ラーメンではなく、あえてカツ丼を頼んだ。
「幸せの黄色いハンカチ」で、健さんが頼むようなカツ丼が出てきた。
香の物は、沢庵。
美味かった。
うま過ぎようとしないところがいいのだ。

実家に戻る。
母がジムから帰ってきていた。
「宝亭」に言ってきたと伝える。
店の存在は知っていたらしい。
実家のマンションで、出前を取る人が結構いるとのこと。
そういえばオレがカツ丼を食べていた時も、出前の電話がかかってきていた。

3時に家を出て、東西線の西船橋経由で幕張へ。
雨はやんでいたが、降りそうな気配もあった。
今年のサマソニ初日は雨に祟られている。

正直、見たいバンドはあまりなかったので、PENTATONIXに意識を集中した。
PANIC! AT THE DISCOがやっているマウンテンステージへ。
入れ替えの人の流れに乗じていい位置をキープする。

6時15分、PENTATONIX登場。

これとか。

[Official Video] Daft Punk – Pentatonix

これとか。

Evolution of Michael Jackson – Pentatonix

他にも多々。
生で見られた嬉しさ、それに尽きる。
モッシュもダイブも起こりえないグループだが、悪い意味ではない。
聞く耳を持たずには、いられなくさせる凄みがある。

終わった後の客の反応は、
(なんか、すげえの見ちゃったな)
という感じだった。

MCでは、ベースのアヴィの低音に、客席が沸いているのが面白かった。
カースティンの「元気声」も、オレにはツボだった。

今度はワンマンで何としても見たい。
ツアーで日本に来る予定、あるだろうか?

9時半、実家帰宅。
この前、食べたいものリストに入れていたいなり寿司を、母が作ってくれていた。
それを食べる。

くたくただった。
10時前に寝る。

タイトルとURLをコピーしました