打ち合わせで色々な話

朝はもやし。昼はベーコンエッグを食べた。
一日、炭水化物を抜いただけで、体重が3キロ減った。
筋肉にくっついていたグリコーゲンが燃やされたのだろう。

夕方、風呂に入った。
のぼせるほど長く入ったわけではないのに、上がって立ち上がるとめまいがした。
去年の暮れ、本公演の仕込み二日目と同じ感じだった。
拭いても拭いても汗がとまらなかった。

5時に家を出る。
自転車で阿佐ヶ谷へ。
駅に着いても汗は止まらなかった。
ミネラルウォーターを1本飲んだ。
国分寺に着いた頃には落ち着いていた。

6時に細田くんと待ち合わせ。
南口の「翔」で、マグ不足チラシの打ち合わせをしつつ飲む。
店のマスターと細田くんは、行きつけのカフェ「クライブ」での客仲間らしい。
「クライブ」は2回行ったが、国分寺カルチャーのサロンみたいになっていて、居心地が良さそうだ。

鴨のたたき、炭火焼き、カジキの刺身、だし巻き卵、季節野菜の天ぷら食べる。
おいしいし、落ち着く空間。

学生時代の話になる。
細田くんはかつて、有名劇団の小道具をやっていたことがある。
その劇団の稽古場が森下にあり、偶然同じ時期にオレも、ある公演の雑用として稽古場についていた。

「他に小道具のチーフがいたんてすけど、途中から来なくなって、やってくれる? と言われて、やることになったんです」
「その頃はどこ住んでたの」
「小金井です。ラーメンショップの隣」
「あらら。そりゃまた、メタボトラップみたいなロケーションだ」
「送風口、目の前でしたから。よく食べに行きましたよ」
「その頃、授業は?」
「行ってません」
「だよね」
「他に、中野と、別のところでもバイトしてましたし」
「小道具だけじゃなかったんだ」
「中野ではデザインやって、他のとこは、サークルの先輩から紹介されてプログラマーやってましたね」
「なおかつ、小道具スタッフ?」
「授業なんて出られませんよ」
「その頃の細田くんは、一体、何になりたかったんだろう」
「でも、その時の経験が、全部今の仕事に繋がってますよ」
「物作り、デザイン、プログラミング、ああ、なるほどねえ」

野球の話になった。
「オレは最近、野球を全然見てなくて、今の選手のこと全然知らないんだよね。だからこの前のWBCも、まったく」
「見なかったんですか?」
「ニュースで勝ち負けは知ってたけど。あと、3月まで仕事が忙しくて。日本、ずっと勝ってたんでしょ?」
「最後、アメリカに負けただけですよ」
「アメリカ優勝して、よかったんじゃないかな」
「選手が出たいと思う大会になりましたよ」
「今年は、中日、どうなんだろう」
「今日はどうでした?」
「引き分け」
「勝ってたのに」
「ドラゴンズに、魅力を感じなくなってるもの」
「セリーグはどうも…パリーグは面白いですけど」
「そうだね。パリーグの方が面白そう」

細田くんは、楽天の球場Koboパーク宮城には、まだ行ったことがないという。
それ以外は大体行っているそうだ。
「大阪ドームは見づらいですよ。柱が目の前にあって、試合が見えない席があるんです」
「そりゃひどい。ちなみに、一番いい球場だなって思ったのはどこ?」
「グリーンスタジアムですね」
「おー、オリックスだ」
「近鉄がなくなって、バファローズになる前ですよ。見やすくて芝生もきれいで、気持ちよかったなあ」

9時半に店を出る。

10時過ぎ帰宅。
マグ不足、男がオレ一人という設定を生かしたものになる予定。
12時過ぎ、寝台に横になると、動悸がした。
体調のせいなのか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。