あっさりスープのラーメンが好き

6時起き。
パンフ原稿を清書し印刷。
アンケート用紙、受付データなども印刷する。

衣装、制作用具をキャリーカートに詰め、9時40分に家を出る。
少しして、優子ちゃんと知恵から、パンフ修正依頼がきたので、劇場で修正すると返事する。

10時40分に小屋入り。
劇場のタカハシさんに設備の説明を受ける。

皆が集まってきたので、楽屋作りを優先してもらい、オレはPCを広げてパンフ原稿の修正をする。
ネットプリントを使い、セブンで印刷したものを両面コピーする。
コピー機に誰かの免許証があった。
忘れ物だろう。
先日、江古田のファミマでコピーした時も、免許の忘れ物があった。
どちらもレジの人に渡した。
短い期間に免許の忘れ物に二回遭遇するのは、珍しいのか?
この珍しさは運がいいのか?

2時過ぎから通しをする。
出はけ確認の意義もあったので慎重にやったが、テンションはあまり高くなかった。

少し落ち着いてから、抜き稽古をやり直す。
落ち着くといい出来になる。

7時半開演まで、時間的にゆとりがあった。
「コンビニ行っていますけど、何か買ってきましょうか?」
笑里に言われた。
「笑里と同じの」
「いいんですか?」
「いいよ」
買って来たのは鶏団子スープだった。
「初日打ち、あるなと思って、軽いのにしました」
カロリーが低い食べ物だったが、体が暖まった。

受付手伝いのなるちゃん来る。
いつも、受付は役者がやり、本番中は出番のない役者が遅れてきたお客さんの対応をしてきた。
今回は全員出ずっぱりのため、本番中受付を見てくれる人を探していた。
今日はなるちゃん、明日は金ちゃん、日曜はアイーダが手伝ってくれる。
土曜だけが見つからない。

7時半、本番。

最初の、ウノを配るシーンで、皆緊張するかと思ったが、冒頭しばらくはドタバタが多いので、それで力は抜けたようだった。

ラスト、音楽をかけてカーテンコールのところ、戸惑ったような雰囲気を客席から感じた。
だよなあ、と思うが、そうしたいと思ってそうしたのだ。
基本、変えずに、このまま押し通す。

近くに魚民があったので、そこで初日打ち上げ。
音響の井出さん、にしだみきちゃん、千陽さんも一緒に飲む。

千陽さん、
「マグ不足らしくない感じだった
と言う。
いつもの不足にある混沌としたバカバカしさが、今回はあまりなく、わかりやすい話だったとのこと。

バカバカしさがなかったのは、男がオレ一人だったからじゃないかと答える。

そのバカバカしさは、オレが役者で出て、相手役と絡みながら作っていくものだ。
今回、そういう部分は少ない。
場面として用意はしたのだが、深く書き込むことはしなかった。
そっち方面に行くメンバーではないと思ったし、無理矢理そっち方面に持っていっても、はしゃぐオレが、はしゃがない皆の中で浮くという構図になる。
だから、笑里の「めかけ」シーン、知恵監督による「もっと面白く」しようとするシーンは、あっさりめだ。
これ以上スープを煮込むと、えぐみが出て生臭くなるなあと思ったのだ。

あっさりが悪いとは思わない。
こってりが正義でもない。
目的は、美味しいラーメンを作ることであり、具材から判断して、今回はあっさりにしたわけだ。
オレは、こってりやあっさりのどちらかが好きなのではない。
ただ、ラーメンが好きなのだ。

今回は女性中心のラーメンになった。
あっさりスープの細麺で、海鮮出汁が効いている。
そういうラーメンもいい。
で、オレは、なるととして、ぐるぐるしている。

11時過ぎまで飲む。
12時、くたくたになって帰宅。
水のシャワーを浴び、ベッドに倒れ込む。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。