トマトが枯れていく

7時40分起き。

先週までは青々としていたトマトの葉が急に萎れてきた。
暑い日が続いたため、水耕栽培容器の水は一日にバケツ1杯分ほど減っていた。
火曜日の朝、一気にバケツ2杯分の水を足した。
この時、カルキ抜きをしなかったのが良くなかったらしい。
バケツ二杯分を一気に足したことで、好気性細菌が塩素で死滅。
そのため、根っこ付近で老廃物の分解が行われなくなり、水は有毒性になってしまったのだ。

以上が、ネットで水耕栽培について検索した情報に基づく推測だ。

今まで大丈夫だったのは、塩素濃度が低かったからではないか。
夏は濃度が高くなるようなのだ。

根っこを調べてみた。
腐っている部分は見当たらなかったが、先端の根切りをしてエアーポンプの泡が当たりやすくなるようにした。

9時過ぎ、走りに行く。
善福寺川沿いを5キロ。

昼、荻窪へ。
丸信でラーメン食べる。

前住んでいた部屋近くの、まいばすけっとに入った。
少し涼んでから、缶コーヒーを手にレジに向かった。
外国人の親子連れが並んでいた。
先頭に10才くらいの男の子。
その後ろに母親と父親。
父親は185センチくらい。母親は80キロくらいだった。
レジの前には缶詰コーナーがあった。
男の子が急に驚いたような声を出した。
そこにはスパムの缶詰があった。
男の子はスパムを取って両親に見せ、興奮した口ぶりで喋っていた。
英語ではなかった。
ポルトガル語のように聞こえた。
ブラジル人の家族かもしれない。
「どうぞー」
奥のレジがあき、店員が声をかけていた。
父親は男の子の肩を叩き、レジの方を指した。
たぶん、ダニエル、と呼びかけていた。
ダニエルくんはスパムを元の場所に置いてレジに向かった。
手前のレジがあき、母親がそちらに行くと、会計をしている息子と妻の背中を父親が眺め、父親の背中をオレが眺めるという構図になった。
父親はゆっくりと右を向いた。
スパムがあった。
父親はあいている手でスパムを手に取り、じっと眺めた。
世界中に売られているスパム、というコンセプトの、CMのような出来事だった。

次回公演のプレ稽古をする。
台本を二つ用意し、その場面を作っていく。
何もないところからはじめ、返すごとに大道具の位置を決め、視点を変えていく。
要するに、いつもやっている稽古と同じだ。
初めてマグに出てくれる人の前で、普段と違うことをやっても仕方ない。

思っていた以上に楽しかった。

夜、昼と同じコースを走る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。