映画「火花」観てきた

6時半起き。「武器よさらば」原本を少し読み返す。7時に朝飯。ご飯、豚汁、鯵、納豆、よごし。納豆によごしを入れたら美味しかった。

8時半から仕事。リリース用のチェック表を準備する。午前中はそれをやる。昼、サラダとサラダチキン食べる。午後、チェック表の続き。

夕方新宿へ。歌舞伎町の喜多方ラーメン坂内に入る。20年以上前からその場所にある。20年ぶりに入った。ワンタン麺を食べた。スープが薄かった。昔の方が旨かった。思い出補正ではない。チェーン店坂内の味としては昔と同じだ。でも昔の歌舞伎町店は他の店と違ったのだ。スープがとにかく旨かった。それが普通になっていた。20年経ち、店内レイアウトは大きく変わっていた。というか、本当にその場所にあったか記憶に自身がない。角のあたりだった気もする。

TOHOシネマにて「火花」観る。熱海の場面、祭りの映像がきれい。「カタキとったるわ」の出会いと飲み屋場面を経て時間経過。舞台は吉祥寺へ。物語の進行は原作とほぼ変わらない。先輩芸人神谷が居候している真樹登場。木村文乃が演じていた。声の感じ、メイクの薄さ、変顔、すべてかあまりにも自然で驚いた。そこから先は、役者の演技に注意して観た。セリフをちょっと噛んで言い直したり、滑舌が弱かったりする場面があった。でも、そのまま撮っていることで自然さが際立ち、圧倒的な臨場感が出ていた。出ている俳優の演技がすべて自然という映画は、そうそう見られるもんじゃない。意図して作った自然さではなく、個々の役者はみんな演技しようとしているのに
自然になっているという類の自然さだ。泣かせの演出、泣かせの芝居はなかった。

だからこそ、クライマックスの漫才場面、本気で泣けた。徳永を演じる菅田くんは、泣かせる芝居はしていない。泣きたいほどの悲しみを本当に感じてそこにいた。板尾さんは、ただそれを撮っていたのだ。参った。降参。小説で読んだ時は、頭で理解し、なるほどねと冷めた感想を抱いた場面だったが、お見事としか言えない。そんな場面が他にもぎっしりある。

終わった時、後ろの席から「正直、見る前まで、なめてた」と話す男性客の声が聞こえた。

9時半過ぎ帰宅。Netflixでやった「火花」の映像を見てみる。よく出来ていた。映像としてはこちらの方が上だと思う。しかし、演技は演技だった。悪くない。でも、演技だなあ思った。うまい演技だったけど。

演技って、一体、何なんだ?

映画版「火花」にあったのは、ライブ感だった。今、そこで起きていることを見ている感じがした。クライマックスの漫才場面で、板尾監督はエキストラのお客さんたちに、つまんなかったら笑わなくていいし帰ってもいい、面白かったら笑ってもいいと、演出したらしい。その考え方が染みとおっていたから、ライブ感があったのか。自然な演技だと感じたものの正体は、それだったのか。

苦言というわけではないが、映像としては普通だった。でも、たくさんの場面が脳裏に焼きついた。何でもない場面が忘れられない。サラリーマンになった徳永が、一人で肉芽をつまんで飲んでいる場面とか、ぽっちゃりの子が缶ビールの中身を確認する場面とか、合コン場面で徳永の隣に座る女の子の芝居とか、日常の、生活の息吹が愛おしい。してやられたという感じ。参った。