ビール箱に座って飲んだ

3時半に目覚ましが鳴って起きた。先週釣りに行った時の設定を直していなった。
再び寝て8時過ぎに起きる。ノブ氏からもらったプレゼントは植木はさみだった。トマトの下葉かきをする。
先週くらいから枯れ葉が目立ち始めた。昨年7月に急速に萎れた時を思い出す。
昨日の強風で茎が一本折れていた。ペットボトルに水を入れて生けてみた。復活するかどうかわからないが、実がついているのでもったいないと思ったのだった。

昼、図書館へ行き、予約した本を借りる。ママチャリのタイヤが凹んでいたのでサイクルスポットへ行き空気を入れた。その足でTSUTAYAへ行き「64」ドラマ版DVDと、赤い公園とSHISHAMOのアルバムを借りた。

ラーメンが食べたいと思った。どこで食べようか考えながら高円寺まで移動する。「天下一品」は満席だった。「盛まる」に入り野菜増し増しを食べる。

1時過ぎ帰宅。立川談志『落語とは俺である』読む。ネット配信動画のテキスト化か?
談志はゼロ年代に入ってからいち早くWebコンテンツを充実させており、Youtubeがまだない頃から動画を定期的に配信していた。それでいて本人はコンピュータもネットも全然わかっていない。優秀なブレーンがいたとしても、聞く耳を持っていないと実現しないはずだ。他の芸人に比べて頭が柔らかかったのだと思う。

眠くなった。食後の眠気だった。抵抗せずに寝てみたらどのくらい寝られるだろうかと思ってベッドに横になった。

起きると5時前だった。昼寝にしては長く、3時間寝ていた。

5時半に家を出る。高円寺へ。松島君と待ち合わせる。
6時、松島君来る。「大将」本店で飲もうと思ったのだが満席だったので北口店に移動する。外にビール箱を出して椅子にした席に座る。生ビールで乾杯。涼しかったので外の席は具合が良かった。

「カメラを止めるな」の話聞く。低予算ということだけでなく、自主映画なのに動員が増えつづけているのは稀という点で意見が一致する。これを気に自主映画全体の観客動員が増えるといいと松島君。

「映画はそれほど上映会しないんですよ」
演劇に比べて、とのこと。そりゃそうだろう。

以前、松島君の映画で手伝いに来ていたハマモトくんの近況聞く。関西に帰ったらしい。大学時代の友達だったそうだ。一年留年して輪島功一ジムに通っていたそうだ。「変わった奴でした」とのこと。「ずいぶん会ってないなあ」

10時半近くまで飲む。「大将」は串だけ頼んでいると安いが、他のメニューを頼むとそこそこする。といって、串だけ頼むのも貧乏くさい。一件目の一杯目、さっと集まってかけつけ一杯やって次に行くという使い方が正しいのかもしれない。隣にいた推定OL三人組や、190センチ欧米人と英語ペラペラ日本人の二人組はそうしていた。

帰宅し、発泡酒を一缶飲み足し、12時就寝。