芋、甘くならず

昨日、朝飯を用意するのを忘れた。何かあるだろうと思い冷凍庫を開けると讃岐うどんがあったので、茹でてかけ汁で食べた。

昼、「陳麻飯」の店でパクチー担々麺と陳麻?を食べた。寒いのにしっかり汗が出た。

『ソラリスの陽のもとに』読む。ケルビンとスナウトが、互いに起きたことを初めて共有し合う。バートンという男が惑星表面で見た出来事の陳述記録。ソラリスは惑星が一つの巨大な脳みそみたいなもので、訪れた人の記憶から、形あるものを創造するらしい。ケルビンの前に現れたハリーもその一つというわけだ。抑圧している記憶からそんなものが作られ、目の前に現れたら、たまったものではない。
タルコフスキー監督の映画「惑星ソラリス」を、大学受験真っ最中の二月に見た。高校の授業は一月で終わっていて、試験のない日は一日中家にいて、一応受験勉強をしていたのだが、勉強が手につかず、深夜にやっている映画を録画して昼間に見たりしていた。その時に見たのだった。しかしよくわからなくて、全部は見られなかった。にも関わらず、日本の首都高にロケーションして撮影された未来都市の場面は覚えている。今見れば違う感想をもてそうだが、Amazon Primeにあるかな?

なかった。光学メディア版はあったが。

午後、イライラする。理由はなし。

夜、業務スーパーへ。サツマイモ、パン、牛肉、ピーナツ、バター、大福餅を買った。業務スーパーで10分以内に買い物を済ませられたのは初めてだった。

サツマイモを焼く。先月、教務スーパーで買った大きなサツマイモを焼いて失敗したので、反省を生かし、ホイルにくるんでトースターで焼く。大きく太いので60分では足りないだろう。90分? 120分? 柔らかくなったかどうかで判断することにした。

夕食にステーキを焼いて食べた。肉をキウイに1時間漬けて焼いた。果実と種を洗い流し、水気をしっかりとったので、焦げ付きもなく美味しく焼けた。

最終的に400分焼いた。5時間。だが、芋は十分に糖化されなかった。それでも、この前よりはマシだったが。

「バガボンド」15巻から20巻まで読む。佐々木小次郎編。耳が聞こえず言葉を話せない小次郎を描くうちに、井上先生の中に、言葉への疑問が沸いたと思しい。
そして、そのあたりから連載間隔が開き始め、二週間に一回ペースになる。