ビール方面に追いやるために

7時過ぎ起き。

朝飯に、もやしとツナと卵炒め、味噌汁食べる。昨夜吐き気を覚えた時は、永遠に食欲が戻らないかと思えたが、今朝はちゃっかり腹ペコだった。

昔、走っていてよく胸焼けになった。食後すぐに走るとなる確立が高かったので、食べてから2時間は待つようにしていた。それでも、なる時はなった。走っていると予兆があり、胃が固くなってお腹の上から触るとわかるような感じになった。そうなるとしばらくしてから胸焼けになり、つばがわいてくる。ここで吐いてしまえば楽になるのだが、一般道を走っているので、気軽に吐ける場所なんかないことがほとんどだ。
で、そういう時は応急処置として、炭酸系の飲み物を飲んだ。すると、胃が膨れてゲップが出る。これによって、食道に逆流した胃の内容物が下におりるような感じがあって、すーっと楽になるのだ。
最近、走っていて、この症状が出ることが少なくなった。記憶にある限り、3年前の夏に一回あったきりだ。たしか、おばさんの家に行ってピザを食べ、夕方高円寺方面に走った時に胸焼けがしたのだった。しかし、これはチーズを食べると胸焼けを起こしやすい体質とバッティングしたのかもしれず、走っていると胸焼けという癖とは違うかもしれない。
それから、走っていて胸焼けを起こす時は、速めのペースで走っている時が多かった。心拍数が上がり、息が苦しいと思っていると、それがいつの間にか胸焼けになっていた。最近『走り胸焼け』が少ないのは、単に走るペースが遅くなったからかもしれない。

午後、2時半から走りに行く。
高井戸まで最短ルートで走り、そこから神田川沿いの富士見ヶ丘まで走る。その辺りには、果実が実った木が植えられている。7月に発見した時はプルーンかと思った。で、それがどうなっているかを確認しに行ったわけだ。
木は、久我山から、富士見ヶ丘の車両基地あたりまで植えられている。7月に見た時は緑色だったが、今日見た時も同じ色だった。
その場で、植物判別アプリを使って調べたが、該当する木は見つからなかった。実はプルーンと似ているが、樹皮が全然違っていた。
手に届くところにある実を引き寄せると、あっけなく取れてしまったので、それを持ったまま神田川沿いを東に走る。
環八を越え、水道道路手前にあるオニグルミの木を確認した。7月の時よりも小さくなっているような気がした。見ると、二つに分かれた幹の一つは切断されていた。7月もそうだったか記憶にないが、ついている実が少ないと感じた。

水道道路を北へ走り、井の頭通り沿いのコンビニでスポーツドリンクを買って飲んだ。汗だくなのにマスクをして店内に入るのが気持ち悪かった。

4時半帰宅。たかだか11キロの距離だったが、木の実を見てひと休みしたり、ばててゆっくり走ったりしたので、それだけ時間がかかった。

ああ、ビールが飲みたい、と思った。『移動祝祭日』でヘミングウェイが、ブラスリー・リップで1リットルビールを飲み干したみたいに、のど越しの素晴らしさを味わいながら飲みたい、と思った。

シャワーを浴びてからすぐ買い物に行き、ビールを3缶買った。家に帰り、あっという間に1缶目を飲み干した。2缶目の半分までその勢いは続いたが、そこらで少し酔いが回ってきたのと、エアコンで体が冷えてきたのとで、ペースが落ちた。それでも3缶すべてを飲み干すのに、それほど時間はかからなかった。

『移動祝祭日』は小説ではないが、その中の「空腹は良き修行」というタイトルの文章は、夏になるとつい読み返してしまう。さっき書いたビールのくだりが書かれているからなのだが、ヘミングウェイがつまみに頼んだ、ポム・ア・リュイルというポテトサラダが、ずっと気になっている。
色々調べて見ると、茹でたジャガイモをオリーブオイルとビネガーと塩で味付けたものらしいのだが、翻訳で「ポテトサラダ」と書かれているがゆえに、日本人に馴染み深いポテトサラダを連想してしまう。
もう一つのつまみは、セルブラ(セルベラの方が検索にヒットしやすい)というソーセージで、翻訳ではフランクフルト・ソーセージとなっていた。原文もそうなのかわからないが、このソーセージをリップで出すに至った理由は、リップの創業者がドイツ国境にちかいアルザス出身で、普仏戦争でアルザスがドイツ領になったためパリに移住して、アルザス風の飲食店を開いたからということらしい。要は、リップはパリにあるドイツ風料理店、という趣があったということだ。だからビールを出すのだな。
このソーセージは、見た目が魚肉ソーセージそっくりらしい。リップで出すやつには、マスタードとマヨネーズを混ぜたソースがたっぷりかかっているそうだ。
ヘミングウェイの文章に出てくる食べ物はどれも旨そうなのだが、実際に食べてみるとそうでもない、ということは多いと思う。有名な「二つの心臓のなる大きな川」では、缶詰めのスパゲッティというのが出てくるが、美味いものでは決してないらしい。
だが、自分で開いたキャンプで、自分で火をおこして食べれば、やはり美味いのかもしれない。外で火をおこして沸かしたお湯で作ったら、カップラーメンだって美味いし。

シアーシャ・ローナンの新作『Ammonite』の予告映像を見た。見たいけど、日本公開されるんだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました