旧江戸川の浦安側で釣る

7時起き。朝飯に昨日作った煮物の残りを食べる。

10時、スーパーめぐりをして生筋子を探す。マルエイ、AEON、OKストアと回ったが、どこにも売っていなかった。

『パティスリー アン・フォンド・ソレイユ』で、タルトとモンブランを買って帰宅。紅茶と一緒に食べる。

午後1時半にシーバス釣りに出かける。実家マンションの駐輪場で、自転車に乗った老人とすれ違った時、老人が声をかけてきた。
「何狙い?」
何を言われたか一瞬わからなかったが、自転車にくくりつけている竿を見てのことだと気づき、
「シーバス」
と答えた。老人は破顔し、
「スズキか」と言った。
その後、すぐに駐輪場は出ず、チェーンにオイルをさしていると、自転車を止めた老人が戻ってきて言った。
「どこに行くの?」
「浦安」
「あんなとこまで。あのね、旧江戸川の河口だったら、湾岸道路の橋の下がいいよ」
老人は手で地図を書きながら、江戸川区側の旧江戸川河口のポイントについて説明した。シーバスや黒鯛をかつてその辺でよく釣ったらしい。

環七の『タックルベリー』で鉄板バイブを二つ買い、ファミマでサンドイッチとチキンと麦茶を買った。
湾岸の橋を渡り、旧江戸川河口の浦安側へ渡る。橋の下に三人ほど先客がいた。階段に座ってサンドイッチとチキンを食べ、橋に近いところで鉄板バイブを投げ始めた。2時過ぎだった。
二回目で根掛かりした。その辺りの根の知識がゼロなのに、いきなりバイブを投げたのは失敗だった。しかし、ラインを緩めたまま数分放置するとうまく外れてくれた。
やや上流に移動して釣りを再開した。正午に干潮時刻を迎え、夕方6時台が満潮だったので、上流に向かっての流れが速くなっていた。しかし川面にボイルはなかった。
ここでまた、根掛かりをしてしまった。今度はしっかりと引っかかってしまい、方向を変えて引いたり、竿をあおったりしても取れなかった。20分くらい悪戦苦闘した末に、諦めることにし、スプールを抑えてラインを引っ張った。リーダーとPEラインの結び目で切れてしまった。
リーダーを持ってきていなかったので、ここで釣りは終了だったが、全然ルアーを投げていないのが不満だった。それで、鉄板以外に持って来ていたスーサンを直結びして、釣りではなくキャストの練習と思って投げていたら、結び目で切れてルアーだけ飛んで行ってしまった。バカなことをした。

結局、満足にルアーを投げることなく、釣りは終了した。まだ3時台だったので、階段に座ってしばらく川を眺めた。海のポイントに行っていた漁船が浦安の船宿へ戻ってきていた。10台以上のジェットスキーが断続的に上流に向かって走って行った。

4時過ぎに釣り場を去る。4時半過ぎ帰宅。母が餃子を焼いており、5時前なのに夕食となった。

食後、部屋に戻り、浦安の釣りの反省をする。足場は江戸川区側に比べると不安定だった。釣り人もランガンしている青年一人しか見かけなかった。デイゲームはやはりそれほど釣れないのだろう。しかし、夜に釣るには足場が悪すぎる。

8時に実家を出る。9時帰宅。

コメント

タイトルとURLをコピーしました